文章:飯野 耀子(All About「食育」旧ガイド)

実はいちご、野菜なんです!

いちご
姿形が本当にかわいらしいいちご。バラ科唯一の野菜だそう
先日、白いいちごがテレビで紹介されていました。外側が白くて(普通のいちごが熟れていないような感じ)、種(ブツブツの部分)がいちご色に赤くなったら食べ頃なのだそうです。ものによっては白というよりいちごミルクのようなピンク色のいちごもあるらしく、これはなかなかかわいいのでは。

やっぱりいちごはあの赤い色がいいという意見もあって、賛否両論。味のは普通のいちごよりも甘いということなので、ぜひ一度、食べてみてはいかがでしょうか?

ところでこのいちご。一般的には果物だと思われていますが、実は野菜だというのをご存じですか? これってちょっと「え~?!」という感じですよね。実はいちご以外にも私たちが果物だと思い込んでいる野菜があるのです。メロン、スイカも野菜なんだとか。

何をもって野菜と果物を分類をするのか気になりますよね。答えは実にシンプルです。種を植えつけて1年性作物のものが野菜。植えつけてから収穫されるまで2年以上必要として、その後も継続して収穫されるものが果物だそう。

りんごとメロンの共通点

青果のプロフェッショナル、本田勝美先生
本田先生は約40年にわたり、野菜、果物の品種、流通の変化を見てきた青果のプロフェッショナル
今回は果物についての素朴な疑問を野菜・果物博士の本田勝美先生に伺ってきました。本田先生曰く、前述のいちごは

「青果市場に入ってくる時の扱いは野菜ですが、一般のお客さんの認識が果物なので小売店などで店頭に並ぶときは果物として扱われています。」

とのこと。またお話を伺っている中でりんごとメロンの意外な共通点を教えていただきました。でもりんごは果物、メロンは野菜。いったいどんな共通点があるのでしょうか?

「果物はエチレンによって熟します。バナナのように自らエチレンを出して熟すものもあればキウイのように自分ではエチレンを出さないものもあります。ですので、あまり熟れていない果物やアボカドなどが硬かった場合はエチレンをたくさん出すりんごと一緒に保存することで追熟させることが可能です。りんご以外だとメロンもエチレンを出すことが解っていますので冬場はりんご、夏場はメロンを利用するという風に覚えておくといいかもしれませんね。りんごの追熟効果は昔から有名ですがメロンについては以前、プリンスメロンとスイカを混載してトラックに積んでいたところ、スイカの痛みが早まることから解ったんですよ。」

これ、ぜひ覚えておくといいですね。私も実際アボカドについては冬場はいつもりんごと一緒にビニールに入れています。ちょうどいい具合に熟れて本当に美味しくなりますよ。

>>まだまだ続く果物の不思議!食べ方でぶどうの美味しさが変わる?!/喉痛にはあの果物を焼いて…>>