もうすぐ、紫外線が強くなる5月。赤ちゃん時代に浴びた紫外線は肌に蓄積され、大人になってからのそばかす・しみ・しわの原因になると言われています。紫外線が特に強いオーストラリアでは、蓄積された紫外線による障害から30歳で皮膚がんができるとも。赤ちゃんが成長した時にキレイな肌でいられるように、紫外線が強い季節のおでかけにはUVケアをしましょう!

歩き回るベビーにUVケアできるベビーローション

ジョンソンベビー ベビーローション UVケア
塗りやすく白残りしないジョンソンベビー ベビーローション UVケア購入はこちら(Amazon)
赤ちゃんがよちよち歩きを始めるとおでかけの時間が長くなり、浴びる紫外線もベビーカーの上だけにいた時期よりも大量に。公園遊びも活発になり、あっという間に肌は日焼けして真っ赤に。そんな時期の赤ちゃんの肌にはUVケアできるローションを。

安全性はもちろん、肌への白残り・塗りやすさ・落としやすさもママには気になるところ。ジョンソンベビーのベビーローション UVケアは、白残りがなく伸びがよく、ムラなくキレイにササッと赤ちゃんの肌に塗ることができます。塗った後にベタつかず服につく心配も無し。石けんで洗えば簡単に落とせるのもポイント。肌に負担をかけると言われている紫外線吸収剤を不使用の赤ちゃん用UVケアローションはいくつか出ていますが、中には白残りや伸びにくさ・塗りにくさが見られるものも。ジョンソンベビーのベビーローション UVケアは紫外線吸収剤不使用ですが、この使いやすさは優れもの。無香料・無着色、独自の厳しい安全基準もクリア。

日焼け止め効果は、赤ちゃんには充分なSPF15。これは、何も塗らない赤ちゃんの肌が仮に20分で日焼けが始まると考えた場合に5時間効果があるという数値。汗で流れることもあるので2~3時間おきに塗り直すと効果的。また、PA+++とUV-A波からの防御効果が非常に高くなっています。紫外線の強い5月は潮干狩りに高原にとおでかけして屋外で丸1日過ごすことも多い季節。そんな時、赤ちゃんの肌にこまめに塗ると日焼け対策ができます。使う前にはパッチテストをしておくと安心。

<DATA>
・商品名:ジョンソンベビー ベビーローション UVケア SPF15 PA+++ 100ml
・参考実売価格:698円(税込)
・販売元:ジョンソン・エンド・ジョンソン