赤ちゃんのお口を科学したテテオのマグ

テテオ(teteo)パーティーマグ
今回ガイドが試したのは、おすわりの時期から歩き回る時期まで使うマグを一度に揃えられるセット、テテオのパーティーマグ
ベビー用品のコンビから、この春登場した新ブランド テテオ(teteo)。赤ちゃんのお口の健やかな発達を科学して作り出されたというテテオシリーズを構成しているのは、哺乳びん・マグなど、お口に関わるグッズ。新ブランドのテテオは、赤ちゃんの健やかな発達を願う多くのママ・パパの関心を集めています。今回は、このテテオシリーズのマグにガイドが注目。マグ選びでは、赤ちゃんのお口の発達だけでなく漏れや使い勝手もママ・パパが重視するポイント。ガイドが実際にテテオのマグを試してみました。

テテオ(teteo)パーティーマグ
テテオのマグセット、パーティーマグをパッケージから出してみたところ。奥左 マグベビー+バルーンカップ(200ml)・専用キャップ、奥右 マグストロー+ラージカップ(300ml)・バルーンカップ用ストロー、中左 マグカップ、中右 マグスパウト・ステージ1、ステージ2、専用キャップ、手前はコップスプーン

テテオ(teteo)パーティーマグ
乳首付きのマグベビーは、首がしっかりすわった5か月頃から使う初めてのマグ。赤ちゃんが自分の手でマグを持って飲む練習になる。マグストローとマグカップは赤ちゃんが立ち上がりだす9か月頃から使う。マグスパウトは、乳首からストロー・カップに移るための練習として7か月~8か月頃に使う。マグの上部アダプターを交換することで、首すわり以降の赤ちゃん期全ての時期に使い回せる