ショップ看板
「シュテルンターラー」ショップの看板。モチーフは、星の銀貨を受けとめる、心やさしい少女です。
ドイツで40年の歴史があり、とても人気のあるブランド「シュテルンターラー」の直営店が、2006年3月15日に、東京・一番町にオープンしました。ガイドは、2月の東京ギフトショーで、このグッズを見て一目ぼれし、ぜひご紹介したいと思ったものです。
オープンまもないショップ「シュテルンターラー」におじゃましてきました。

<DATA>「Sterntaler」(シュテルンターラー)
■所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町6-1-103
■交通・アクセス:東京メトロ半蔵門線半蔵門駅5番出口より徒歩1分/有楽町線半蔵門駅3番出口より徒歩5分
■地図:Yahoo!地図情報
■TEL:03-3264-1181 FAX:03-3264-1182
■営業時間:平日11:00~20:00/土曜11:00~18:00
■休日:日曜・祭日


ロバさん
木馬に乗ったロバのぬいぐるみがお出迎え。
<CONTENTS>
1ページ目:Strentaler(シュテルンターラー)ショップの御案内
2ページ目:ショップご担当者さんのおすすめ:カドルクロス&プレイジム
3ページ目:これがお店の売れ筋ベスト3!
4ページ目:ガイドのおすすめ&自腹でお持ち帰り!
5ページ目:もっと!シュテルンターラー


ショップの御案内

店内の様子
シュテルンターラーの店内の様子です。落ち着きのある木のインテリアと、紺色が効いています。
グリム童話の「シュテルンターラー」は、「星の銀貨」という意味です。着物と一切れのパンしか持たない女の子が、自分の持ちものを困っている人にすべてあげてしまったとき、空から星の銀貨がたくさん降ってきます。1965年に、ドイツのコッホ夫妻は、童話の女の子が示した思いやりの心を軸に、「シュテルンターラー」を設立しました。ロゴは、空から落ちてくる星を受け止める女の子の絵です。

2005年、たまたまヨーロッパに出かけた日本エイテックス社の社員さんが、デパートで目に留めたのがシュテルンターラーの製品でした。持ち帰ったそれが社内で評判をよび、とんとん拍子に輸入元になることが決定。1年足らずの間に、直営店をオープンするに至ったそうです。

では、じっくり店内をご案内しましょう!

次のページは ショップご担当者さんのおすすめ:カドルクロス&プレイジム