箱根山一帯には17ヶ所の温泉が点在し、総称して「箱根十七湯」と呼ばれています。江戸時代以前から湯治場として栄えていた、湯本、塔ノ沢、堂ヶ島、宮ノ下、底倉、木賀、芦之湯の「箱根七湯」に加えて、明治時代以降に開湯した温泉が加わったもの。ここでは立ち寄りで楽しめる日帰り温泉施設をテーマ別にご紹介したいと思います。

【関連サイト】箱根全山

自然を満喫できる露天風呂が魅力の日帰り湯

箱根の温泉の魅力といえば、四季折々に移ろう箱根山の自然を満喫できること。自然に包まれて開放感を楽しめる日帰り湯を3ヶ所ご紹介します。

てのゆ(底倉温泉)
高台にあり、開放感のある露天風呂が自慢。9種類のお風呂のほか、個室家族風呂や食事処、土産処などを完備しています。湯上がりには箱根の山景色を望む食事処で、御膳や定食などの食事を。

■楽遊壽林自然館(宮ノ下温泉)
早川のせせらぎを耳に、大自然にすっぽりと包まれる野趣満点の露天風呂は格別。山肌の傾斜に沿って作られた露天風呂のほか、貸切露天風呂が2ヶ所あります。自然保護のために入場は一日100組限定。比較的静かにゆったりと過ごせる日帰り湯です。
※楽遊壽林自然館は閉館しました。

広々とした岩風呂に浸かれば開放感たっぷり。写真は女性用露天風呂

広々とした岩風呂に浸かれば開放感たっぷり。写真は女性用露天風呂

■ひめしゃらの湯(塔之沢温泉)
敷地内に2つの自家源泉をもち、周囲は木々に囲まれて森林浴も楽しめそう。男女ともに内湯と露天風呂がひとつずつ。入会金100円で会員になると入浴料の割引などさまざまな特典が受けられます。隣接する「箱根ベゴニア園」の入園料とのセット券もあります。
※ひめしゃらの湯、箱根ベゴニア園は閉館しました。