機械式腕時計で史上最高の防水機能

名は体を表すではないが、ロレックスの商品名は含蓄があって、なかなかおもしろい。

「チェリーニ」のようなドレスウォッチを別として、ここに紹介する最新作はもちろん、スポーツウォッチには必ず「オイスター パーペチュアル」という名が頭に付く。「オイスター」は、貝殻を閉じた牡蠣のように水の浸入を許さない防水ケースを指し、「パーペチュアル」は、持続的に動くムーブメントを指す。つまり「パーペチュアル」は、ゼンマイをいちいち手で巻き上げなくても動く「自動巻き」を意味しているのである。

いまやスポーツウォッチをはじめ広く一般的な時計のスタンダードになっている「防水自動巻き腕時計」を20世紀の早い時期に完成させたロレックスには、先駆者としての誇りがある。

ロレックス「オイスター パーペチュアル シードゥエラー ディープシー」
「オイスター パーペチュアル シードゥエラー ディープシー」。自動巻き、COSC認定クロノメーター。ステンレススティール、ケース直径43mm、3900m防水。予価99万8000円・今夏発売予定

「オイスター パーペチュアル」は、1950年代に登場したダイバーズウォッチで次の段階へと飛躍的に進化した。潜水さえ可能な時計の誕生だ。

その頃の防水性はようやく100mのレベル。それが200m、300mと高まっていった。ロレックスの「シードゥエラー」、まさしく「海中居住者」というプロフェッショナル・ダイバーズは1220mの防水性を備える機械式としては最強のスペックを備えるモデルであった。であった、と過去形で語るのは、その次世代モデル「オイスター パーペチュアル シードゥエラー ディープシー」が、2008年バーゼルワールドで発表されたからだ。

「ディープシー」側面
従来のダイバーズより厚みが増したケース。ドーム型サファイアクリスタルを採用。9時位置に独自のヘリウムバルブを装備
さて、このモデルの最大の特徴は、3900mという水深での圧力に耐える防水性。機械式腕時計としては世界最高だ。実用の範囲をはるかに超える驚異の防水性を実現するのは、ロレックスが特許を得たリングロックシステムという新開発のケース構造。904Lスティール製のミドルケースの内側に窒素合金のスティールリングを組み込み、厚みがあるドーム状のサファイアクリスタル、チタン合金のケースバックを組み合わせることにより極度な圧力に耐えるケースが完成した。3段階ねじ込み式のトリプロックリューズで、さらに防水性を確保し、ヘリウムバルブは、時計内に入り込んだヘリウムガスを排出する。あらゆる点で最高の完成度を誇るダイバーズウォッチといえる。

「ディープシー」文字盤
ロレックスがこのモデルのために新開発し、特許を取得したリングロックシステムの防水ケース
ほかにも、PVD加工を施したロレックス特許のセラクロム製回転ベゼル、視認性の高い文字盤、衝撃に強く磁気の影響を受けにくいパラクロムひげゼンマイを用い、COSC(スイス公認クロノメーター検査協会)認定の高性能自動巻きムーブメントなど特徴が盛りだくさん。これだけの新機軸のスペックを備えながらも、特別な演出も見られず、いつもと変わらぬ典型的なデザインが貫かれているのは、いかにもロレックス。

また、予価で100万円を切る価格は、高騰が続く最近の状況からすれば、むしろ「安い」という感じさえ受ける。ハイスペックにしてハイコストパフォーマンス。2008年のダントツ時計として注目されるのも当然だろう。

新しい「オイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト」は次ページ