今だけプラス30psのパフォーマンスパッケージプラス

M・ベンツC63AMG
試乗車はパフォーマンスパッケージプラス装着車。エンジン出力向上(プラス30ps)、最高速度設定変更(280km/h)などが施される。欧州では昨年10月から設定され、オプション価格はセダンで約7080ユーロ。日本では5月にパフォーマンスパッケージプラスなどを備えた特別仕様車が販売された

昨秋、すでにヨーロッパで発売されはじめたC63AMGパフォーマンスパッケージプラス仕様に、ようやく日本でも試乗することができた。完成度の高い高性能スポーツセダンとしてスマッシュヒットとなったC63。そのプラス30psの威力は、いったいいかほどだろうか。

M・ベンツC63AMG
M・ベンツC63AMG
カーボンスポイラーを装備。フロントブレーキはアルミコンポジット構造を採用し放熱性を高めたAMG専用の強化タイプで、赤く塗装されたブレーキキャリパーを備える
ぱっと見た目でパフォーマンスパッケージプラス仕様であることを誇示する要素は少なく、ノーマルとさほど変わらぬ控えめな雰囲気。新しいアイテムといえば、トランクリッドの控えめなカーボンリアスポイラー、19インチホイールの向こうに見える赤いキャリパーの新ブレーキユニット、ウィンドウ越しにみえるステアリングがアルカンタラとナッパレザーのコンビになっていること、といった具合で、同じC63オーナーしか気づかないかも。

もうひとつなんて、ボンネットを開けなければ分からないもので、インテークマニホールドがチタニウムグレーに塗られた。オーナーの秘かな誇り、というわけで、こういう“知る人ぞ知る、知らない人にはまるで価値なし”がかえってプレミアムセグメントユーザーの心をくすぐる。“今だけ、ここだけ、あなただけ”手法である。

パワーアップのヒミツはエンジンマネージメントの変更(E63AMGは500ps超え)もさることながら、スーパーカーSLS AMG由来の鍛造ピストンや、専用設計のコネクティングロッドとクランクシャフトにより、エンジン内部の軽量化(3kg)も果たしている。これらにより、よりパワフルでレスポンスのいいM156ユニットになったというわけ。

メーカーの発表によると、0-100km/h加速でノーマル比マイナス0.1秒の4.4秒、0-200km/h加速にいたっては同マイナス1.3秒となる13.9秒、というから明らかに中高回転域でのパフォーマンスが上がっている。

出足の瞬間の鋭さもさることながら、高回転域の伸びが素晴らしかった。なかでも中間加速のレスポンスが良質で、エンジンの精密さがきっちりフィーリングとして伝わってくる。天高くどこまでも回っていくかのような回転フィールは相変わらず気分よく、これぞ大排気量ガソリンエンジンの真骨頂だ。

M・ベンツC63AMG
エンジンは動力性能を向上させただけでなく、インテークマニホールドが専用のチタニウムグレー色にペイントされている

実はAMG、新しい直噴ターボエンジンを発表済みである。炭酸ガス規制のもと、このパフォーマンスをこの先維持してゆくためには、一定のダウンサイジング+過給は必要不可欠ということ。とはいえ、自然吸気のこの気持ちよさが味わえなくなるのかと思うと、実にさびしい。

そういう意味ではこのC63は将来、昔のW124型500Eのような存在になるかも……。となればどうせ買うなら、パフォーマンスパッケージプラスを選んで大事に乗りたいものだ。

M・ベンツC63AMG
本革と手になじみ滑りにくいアルカンタラを用いたAMGパフォーマンスステアリングを装着

走りやハイパフォーマンスモデルの将来については次ページ