Audi(アウディ)/アウディの車種情報・試乗レビュー

アウディA4は乗り手を冷静に“踊らせる”(3ページ目)

BMW3シリーズやM・ベンツCクラスと共に人気のミドルクラスサルーン、アウディA4。久方ぶりに気合いの入ったモデルチェンジを果たし、クラス最大級のボディサイズとなったA4に試乗しました。

西川 淳

執筆者:西川 淳

車ガイド

ぶっ飛ばさなくても安心、安定のA4

アウディA4
パワーと経済性を両立する、3.2L直噴(FSI)エンジンは可変バルブ機構(アウディバルブリフトシステム)も装備

試乗車はV6クワトロ。結論から言うと、A8あたりに通じる、実にアウディらしい乗り味だった。大きくなったボディサイズのおかげで、クラス最良の重厚感を得ている。静粛性も高い。フラットなライドフィールなどは同クラスのライバルでは決して味わえないもの。さすがに鷹揚に受け止める器の大きさこそ感じないが、それ以外は相当にA8っぽい走りをみせる。Dセグメントにはない、性能的にも精神的にも余裕のドライブが楽しめた。

特に、4WDを感じさせないリニアなドライブフィールが印象的だ。後輪のトラクションをはっきりと感じるから、随分とスポーティな印象もある。BMW3シリーズほど“その気”にさせるスポーティさはないが、乗り手を冷静に“踊らせる”大人びた演出の巧みさがあって好ましい。もちろん、M・ベンツCクラスより明らかに機敏でダイレクトな走りを見せるから、性格的には両車のちょうど中間を、それも確たる意思をもって貫いたといった印象が強い。

気になるのは、路面がちょっと荒れ気味になると突き上げを強く感じてしまうこと。コンフォートモードでも基本的には変わらない。アウディらしい節々の効いたテイストと見るか、硬い味付けだと感じるかは、人によって異なるだろうが。

これまでも高速安定性の高さが魅力の1つだったが、新型A4ではさらに磨きがかかった。特に、従来は不得意だった80~100km/hという日本の法定速度前後域におけるライドフィールが格段に向上している。ぶっ飛ばさなくても安心、安定のアウディである。

アウディA4
シングルフレームグリルと14個の白色LEDのポジションランプが特徴的なフロントマスク


撮影:芳賀元昌・カーセンサー
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます