目指すは別府・湯布院の温泉街!

今回は少し気分を変えて、九州を走ってみましょう。目指すのは別府・湯布院の温泉街。まず福岡からスタートして、大分自動車道を別府へ向けて走ります。

鉄輪温泉
鉄輪温泉の古めかしい商店街を走る
大分自動車道を別府ICで下りると、すぐに温泉街のエリアが広がります。別府、浜脇、亀川、観海寺、堀田、柴石、明礬(みょうばん) 、鉄輪(かんなわ)と、それぞれ趣の異なる温泉郷からなる大温泉街が別府八湯です。湧出量137.275kl/日、源泉数2841と日本一の温泉地である別府温泉は、泉質も実にさまざま。どれも42度以上の高温であるのが特徴です。

源泉100度の天然温泉「鉄輪」

ひょうたん温泉
「ひょうたん温泉」
TEL:0977-66-0527 営業時間:AM9:00~AM1:00
料金:700円
ここでは、別府八湯のなかでもとりわけ多くの温泉源がある鉄輪温泉を紹介しましょう。あちらこちらから湯煙が立ち上る街は、入り組んだ路地や建物が一体となってレトロな雰囲気を醸し出しています。鉄輪温泉の源泉は100度近くあり、かつては加水をして温度を下げていました。日帰り湯「ひょうたん温泉」では、独自の竹製冷却法(笹を芽吹き屋根状に組んだ装置)を使って50度ほどに湯を冷ます方法で、100%天然の温泉を堪能することができます。

さて再び大分自動車道に乗り、湯布院を目指します。小さな農村の面影を残す湯布院はバイクを停めて散策するのにちょうど良いエリア。湯布院ICで下りて県道216号を下って街に入ると、古い佇まいの街並みにたくさんの店が軒を連ねています。街の中には小さな川が流れ、賑やかな土産物屋さんが立ち並ぶ先には豊後富士と称えられる由布岳がそびえています。

>>次ページは湯布院のおすすめエリアを紹介>>