911カレラより手軽に、ボクスターより本格的に

ボクスターを元に設計されたのが、ケイマンS

ケイマンSは、ミッドシップレイアウトの2シータースポーツクーペだ。全長×全幅×全高は、4340×1800×1305mm、ホイールベースは2415mm。2+2シータースポーツクーぺ、リアエンジンの911カレラがそれぞれ4425×1810×1310mm、2350mm。2シーターオープンでミッドシップのボクスターが4330×1800×1295mmm、2415mmだから、ボクスターを元に設計されたことが分かる。

ミッドシップレイアウトのため、サイドエアインテークがドア後方に。

エンジンも3.4Lのフラットシックス(水平対向6気筒)で最高出力は295PS。これも911カレラの3.6Lのフラットシックス、325PSには及ばないものの、2.7Lのフラットシックス240PSのボクスターや3.2L、280PSのボクスターSを越える。価格帯も7,770,000~8,190,000円で、10,820,000円~の911カレラと5,720,000~7,370,000円のボクスターの丁度中間だ。

ポルシェらしく、実用性も犠牲にしていない。トランクは、150Lのフロントと・・・
リアハッチを開けるとミッドシップなのに、エンジンルーム上と後方に、合計で260Lの容量がある。こういった実用性は、他ブランドのミッドシップでは考えられない、ポルシェならではのもの。

911カレラより手軽にスポーツを楽しみたい。それもオープンではなく、クーペで本格的に。しかもミッドシップエンジンの乗り味で、といった人に向けたクルマがケイマンSなのだ。

ドライバーシートから振り返って見た、ミッドシップエンジンルーム。この上にも荷物が積めるのだ。その後方下のリアのラゲッジルームには、ちゃんと目隠しがされている。