デザインが特徴の希少な各10台限定モデル

「ボクスターS ポルシェ デザイン エディション2」は500台限定のうち日本に10台が導入される。価格1056万円

ミッドシップ・ポルシェのトップモデルとして設定された限定車「ボクスターS ポルシェ デザイン エディション2」および「ケイマンS スポーツ」の受注が、8月5日(火)より始まりました。それぞれの内容を紹介しましょう。

両モデルともエンジンは3.4Lという排気量こそベースモデルと同じながら、最高出力は8ps向上した303psを発生。さらに、多数の専用装備が与えられています。また、各モデルそれぞれデザインが非常に特徴的に仕立てられています。

サイドにグレーのストライプをあしらい鮮やかなホワイトを引き立たせているほか、リアのレッドテールライトとともに洗練されたスタイルの形成に貢献している

まず、ボクスターS ポルシェ デザイン エディション2から見ていきましょう。ボディはポルシェの伝統的カラーのひとつであるキャララホワイト。スタースポークデザインの19インチ スポーツデザイン ホイールに加え、サイドエアインテーク、センターコンソール、3連丸型メーターもホワイトでカラーリングされています。

サイドにはスポーティなグレーのストライプがあしらわれています。ボディの鮮やかなホワイトに対し、ルーフやレザーパーツのスタンダードカラーには、クラシックな雰囲気のストーングレーとブラックが用意されています。

日本仕様車の特別装備として、シートヒーターとバイキセノンヘッドライト、スポーツクロノパッケージおよびPASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)が設定されています。

この限定モデルにはホワイトのレブカウンターとスピードメーターをモチーフとしたオリジナル ウォッチ「ポルシェ ボクスターS ポルシェ デザイン エディション2 クロノグラフ」がアクセサリーとしてセットされる。ダッシュボードコレクションのひとつである同男性用腕時計は、ホワイトのダイヤルを特徴とした、このボクスターのために特別に開発されたものである


次ページで「ケイマンS スポーツ」をチェック