74回ジュネーブショーにおけるフィアットブースの目玉は、このトレピューノだ。

フィアット・チェントロ・スティーレによるキュートなデザインは、往年の名車”チンクェチェント(500)”をイメージさせるもの。特にフロントマスクはソックリ。

もっとも全体のシルエットは非常にモダンなもの。LCDスクリーンによるリアメッセージランプなど、新しい機能も詰め込んだ。スカイドームと呼ばれる大きなガラスルーフも現代版チンクらしい装備である。