先のジュネーブショウにおいて新型車を発表したアウトモビーリランボルギーニ。日本市場での取り組みも非常に積極的になってきました。

これまで正規ディーラーは、東京のミツワと宇和島のRPMのみという状況(この2店でムルシエラゴ30台近くを売った!)でしたが、このほどRPM経営の新規店、その名も”ランボルギーニ福岡”が九州博多の街にオープンしました。

特徴は、ランボルギーニ世界共通のCIを使った、初のランボルギーニ専門店であるということ。ランボルギーニ本社が世界の正規インポーターに展開した”ショウルームモデルケース”とほとんどそっくりそのままなお店としてオープンしたというわけです。

これまでの自動車販売ショールームとは一線を画するオシャレな外観。全面ガラスショウルームがない!のが特徴です。ランボルギーニという高価な買い物をするお金持ちの心をくすぐる閉鎖的な雰囲気・・・。

でも、ここはひとつ、勇気を出して、敷居の高そうなドアを開けてみましょう。