日本に正規輸入されるアルファ147は、今のところ2リッターの右ハンドル・セレスピードのみですが、イタリア本国を初めEU市場には他に、2種類の1.6Lツインスパークやコモンレール式の1.9Lディーゼルターボを積むグレードも用意されています。

日本にも来年早々には2Lのマニュアルギアボックス車が導入される予定ですが、今回はイタリアで120ps仕様の1.6L5MT車に1週間ほど乗る機会があったので、その感想を報告してみたいと思います。試乗車は、赤の5ドアモデルでした。

まず驚いたのが、高速道路でのマナーの良さです。2人分のスーツケースをラゲッジルームと後部座席に積み込んだ147は、なんの不安感もなく追い越し車線をメーター読み180~190km/hで巡航することができます。

高速での乗り始めには、多少頭の軽さが不安になることもありましたが、それがその実クルマの動きになんら影響を与えているものでないことが分かると、後はひたすらクルマを信じてかっ飛ばすことができるほどの信頼関係を築くことができるのです。