6.2L V8を搭載する63AMG

6208ccDOHCのV8ユニット。モデルごとに専用にセットアップされている
世界中を襲う不況と、環境意識の高まりから、世の中はエコ一辺倒に走っています。それはそれでイイことだと思いますが、我々クルマ好きにとっては、ちょっと寂しい……。そこで今回は、メルセデス・ベンツのオールラインアップ試乗会から、こんなご時世に、あえて正反対の世界を紹介しちゃいます!


毎年、年末のこの時期に、メルセデス・ベンツのオールラインアップ試乗会が実施されているのですが、その中から、AMGの3台をピックアップしてレポートします。

AMGというと、少し前は5.5LのV8の自然吸気とスーパーチャージャー付きユニットをメインに用いていましたが、2年あまり前から現在の6.2L V8の自然吸気ユニットに移行。さらに、Sクラス、SLクラス、CLクラスといったハイエンドモデルには、最大トルク1000Nmを誇る6LV12ツインターボエンジンまで用意されています。

その6.2L V8を積む「63AMG」と名の付くモデルは、多くのモデルについてラインアップされていて、モデルごとに相応しくエンジンチューニングが差別化されています。今回は、C63AMG、ML63AMG、SL63AMGというタイプの異なる3台を試乗しました。

次ページでC63AMGをレポート