日常的に使用できるスポーツカー

上質かつスポーティな空間。高性能スポーツカーとしては例外的といえるほどのスペースを有する

試乗ステージは、ツインリンクもてぎのフルコース。これまでもアウディ・ジャパンが、高性能モデルの試乗コースとして好んで使ってきた場所です。

ドライバーズシートに腰を下ろすと、スポーツカーらしいドライビングポジションはさることながら、外観からイメージするよりもゆとりのある居住空間となっています。インテリアパーツに使われる素材や全体の雰囲気は、高級セダンにも通じる質感と落ち着き感をもたらします。また、あらゆる操作系デバイスを実にわかりやすく配置。コンセプトに掲げているとおり、日常的な使用にも十分に耐えうる室内空間となっています。

最近のフェラーリのように透明なカバーを通して目にすることのできるエンジンは、4.2L V8 FSI。組み合わせるトランスミッションは、「Rトロニック」と呼ばれる、2ペダルMT。エンジンを始動すると、スポーツカーであることを主張するかのような、猛々しいサウンドを轟かせます。

かつて味わったことのない走行性能

高速コースを走ると、慣性モーメントが小さい上に4輪を駆動することのアドバンテージを実感する

ボディには、アウディのお家芸であるASF(アウディ・スペース・フレーム)を採用。これにより、同セグメントでトップレベルの高剛性と軽量を実現したとのこと。クルマ全体が一枚岩のような一体感のある走りは、かつて味わったことがない世界!

前後重量配分44:56を実現したミッドシップレイアウトによる慣性モーメントの小ささと、卓越したクワトロシステムによる優れたライントレース性も特筆もの。これほど意のままに走れるクルマを運転した経験は、ちょっと思い当たりません。

いかにも重心が低く、ハードなコーナリングでもほとんどロールせず、コーナリング中も荷重が前後左右輪に均等に近い状態でかかっている感覚があります。そして、アクセルワークで積極的に姿勢をコントロールすることができます。これらは、やはりボディ剛性の高さによるところが大きいといえます。

総評は次ページでチェック