フリクションが極めて少なく滑らかな印象

ついに公道での試乗の機会が与えられたレクサスIS。先日、北海道の士別テストコースで行われた試乗会ではまだプロトタイプということもあり、走りに関してイマイチな部分が多かった。しかし今回はれっきとした市販版。当然その出来がいかなるものなのか期待は高まる。

今回の試乗コースは伊豆のサイクルスポーツセンターをベースに、伊豆スカイラインおよびその周辺道路を走った。試乗車はIS250/350で、それぞれバージョンS/バージョンLと計4車種を試すことができた。

まず試乗したのはIS250バージョンL。走り始めてすぐに電動パワーステアリングが先日士別で走らせた時よりも洗練されたのが分かる。操舵するとフリクションが極めて少なく滑らかな印象で、とてもスッキリとしたフィーリングを伝える。これには正直驚いた。

ただ同時に操舵感はやや軽めに思えなくもない。個人的にはもう少し手応えがあれば、かなり優れたフィーリングになると思う。

2.5LのV6の印象も悪くない。スッキリした回転感とほどほどのパワー&トルクで動力性能的にはほとんど不満がない。6速ATとのマッチングも上々で、ドライブトレーンの印象はいい。ただペースを上げていくと、ほんのわずかにパワー&トルクがあってもいいかなと思える部分もある。とはいえ普通に考えれば明らかに十分以上の実力だ。

バージョンLはラグジュアリー仕様。しかもIS250の方が350より約60kg軽いこともあり、乗り味は今回の4車種の中ではもっとも軽快でさっぱりしたものに思えた。

次に試乗したのはIS250のバージョンS。Lに比べると当然乗り味にはカタさが出てくる。とはいえLとの差は意外にも小さい。そう考えるとLが基本的にカタめの足と言った方がいいのか。それともSが意外にしなやかといったらいいのか迷う。そしてこの印象はIS350でもほぼ同様だった。

例えば荒れた路面ではさすがにSの方が硬く突き上げも大きいが、比較的フラットな路面ではSも悪くない。逆にLは同じ路面でややボディ全体が震える感じが続くこともある。

IS250のバージョンSはLに対し、スポーツサスペンションや18インチタイヤを装着する点が違うが、これによってステアリング・フィールもわずかに変わる。さきのバージョンLの印象に併せて、手応え感がプラスされる感じで好ましい。