ATでもクーパーSの過激さは充分味わえる

クルマ好きにもそうでない人にも、広く人気を集めているのがBMWのニュー・ミニ。いまや日本の路上でもすっかりお馴染みの存在となった感すらある。

そんなミニのトップ・グレードといえば、1.6Lエンジンにスーパーチャージャーを組み合わせた「クーパーS」だが、そのクーパーSに今回6速ATが組み合わせられたので、試乗報告したいと思う。

クーパーSはCVTではなく、6ATを採用している。シフトレバー以外にステアリングパドルでの変速も可能
まず報告しておきたいのは見た目。シフトレバーをご覧になってわかるように、Sのロゴが入ったものとなっているのが特徴。これはもちろんMTモードも持っており、シフトレバーを横に倒して前後で加減速が可能となっているのはBMWと同じだ。またステアリングにパドルが設けられたのもこの6速ATならではのもの。スポーク上のボタンに親指を当て、人差し指を裏側に回すことで、押してダウン/引いてアップの操作が可能だ。

クーパーSはこれまでMTのみという設定だっただけに、そのパフォーマンスの高さを味わえるのは限られた人だけだった。しかしこの6速ATが与えられたことで、トップ・スポーツ・モデルにもかかわらず、誰もがその熱い走りを味わえるようになった。まずこれは大歓迎といえる。

走らせてみての第一印象は、「これならあえてMTを選ばなくても良いかも!」といえるほどの優れた仕上がりだった。もちろん本気のスポーツドライビングをするならMTの方が良いし、そちらの方が当然快感も強いわけだが、やはり普段使いなどを考えるとATの魅力は大きいことに間違いはない。それに実際走らせてみると、ATでもミニの楽しさ、クーパーSの過激さは存分に味わえたのだ。