AMGのエンジンには、エンジニアの名前の入ったプレートが与えられる。それが一体どういうことなのか、今回AMGを訪問してようやく知ることができた。

実はAMGでは1機のエンジンを、最初から最後まで1人のエンジニアが手作業で作り上げていたのだ。つまり、エンジニアはワーキングステーション(台車)を用意し、そこにブロックを載せ、自分の手でコンロッドやピストンやクランクなどをひとつずつ組み付けていく。そして完成した時に、自分の名前の入ったプレートを貼り付けるのである。

現在ではAMGの販売台数は多いから、ある程度は機械作業だろうと思っていたが、AMGの販売において主力である5.5L系のエンジンですらこの手法が守られていた。もちろん5.5Lエンジンは多くを作る必要があるので、エンジニアの数も多いが、それでもキチンと手作りされることに間違いない。

そしてこの日、そんな5.5Lエンジンを搭載した最新のAMGであるC55AMGに試乗することができた。5.5Lとはいっても、Cクラスに搭載されるそれはNAであるのが特徴。E55AMGのようにスーパーチャージャーは組み合わせられない。やはりこのクラスともなると、さすがにスーパーチャージャー付き5.5LV8の生み出すパワー&トルクは受け止めきれないのだろう。事実CLK55AMGも、同様にNAエンジンを搭載する。唯一の例外は最近特別な限定車として発表されたCLK―DTM-AMGが5.5Lのスーパーチャージャー付きV8を搭載するが、これは本当に特別なモデルだからこそ。実際このモデルはHWA(AMGから分かれ現在ではDTMマシンを扱っている)が生産を行うほどだ。

さて話題がそれたがC55AMGである。実は第一印象は「AMGとして」でなく、「マイナーチェンジしたCクラスとして」の印象が強かった。もともと優れていたステアリング・フィールにはカッチリとした感触がプラスされ、さらにBMW3シリーズを意識したスポーティさが感じられるところが以前と明らかに違う。街中では全体的にしっとり感が強かった以前に比べ、スッキリとした乗り味が印象的だったのだ。またベースとなるCクラス自体内外装が変更されたことで、よりスポーティな雰囲気を得たが、C55AMGではさらに内外装に専用パーツが与えられることで、プレミアム性を感じさせるスポーツセダンに生まれ変わっていたのだった。

そんな第一印象は、スロットルのひと踏みで「AMGとして」のものに変わった。当然ながらCクラスに5.5LのV8という組み合わせは強烈の一言である。C32AMGでは例えスロットル全開でもジェントルな雰囲気を忘れないところがあったが、C55AMGではかつてのAMGにあった良い意味での乱暴な感覚がある。背中をシートにめり込ませ、どこまでも加速していく様は改めて圧巻。

高速道路を矢のように突き進む…といいたいところだが、さすがにC32AMGのようなバランスの良さとは違う。比べるとやはりフロントは重めであることを感じさせ、サスペンションも動力性能アップに合わせハードになっているから、超高速域ではややクルマが跳ねる傾向が見受けられた。これはCLK55AMGと大体同じなのだが、細かく言うとCLK55AMGよりは明らかにロードホールディング性能は増している。