MINIといえば、もうその名前だけでOKという人も多いんじゃないだろうか。BMWが手がけた初めてのFF(前輪駆動)で、その完成度には専門家のあいだで賛否両論あるけれど、ま、どうでもいいじゃないですか、そんなFFの特性がすべったころんだなんて。だって、MINIはMINI。パワステのポンプが、きゅうきゅう音を立てちゃうところも可愛く思えるのがMINIなのだから。

MINIのなかでも、特に走りにこだわっているのがクーパーSという、スポーティ・バージョンである。いままではMTしかなく、一部のツウな人にしか乗れなかったのだが(というか、AT限定免許では乗れなく、悔しく思っていた人が多かった)、ついにATが登場した。

ほかのMINIが無段階変速装置であるCVTを採用したのに対し、クーパーSはAT。なぜ? CVTは走りもなめらかで燃費もいいけれど、やはりATと比べるときびきび感に欠けるから。走りのクーパーSとなれば、ATといえど、しっかり楽しく走れなければということである。

このATには、もちろんMTモードもついている。シフトレバーを動かすほかに、ハンドルにあるパドルシフトを操作すれば、シフトアップ&ダウンも行え、MT感覚でワインディングを駆け抜けることも可能。これがかなり気持ちいい。

デザインと雰囲気で強烈な魅力を持つMINI。ちょっとがんばって走りのクーパーSを選ぶのも、人生を楽しくしてくれると思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。