都会系SUVの隠れ実力派

フロントビュー
ヴァンガードの2.4Lに2WDモデルが加わった。価格だけでなく、燃費も期待できる待望の追加だ。全長4570×全幅1815×全高1690mm。価格は2WDを含めて244万1250円~335万4750円
07年8月登場のヴァンガードに2WDモデルが追加された。2.4Lのみだが、従来は4WDのみであっただけに、販売店も歓迎すべき新設定といえるだろう。

ちょっと照れくさくなってしまうキザ度満点のCMから想像するよりも、ヴァンガードの出来はまともというか、きちんとしている。3列シートの7人乗りと、2列の5人乗りがあるが、サードシートはエマージェンシーの域は出ない。ただし、近場に食事へといった程度であれば大人でも我慢できるシートではある。

スタイリッシュ系SUVのヴァンガードだけに、重量が重くなりがちな4WDだけではなく、2WDもあればと考えていたのは私だけではないはず。オンロードでの走りは洗練されているし、2.4Lでも必要十分以上のパワーを備えている。

軽く化粧直し

インテリア
インテリアのデザインは変わらないが、グレーメタリック調加飾を組み合わせたダークグレーカラーを採用。従来色もサイドベージュに変更した
内装色に新色を加え、ダークバイオレットマイカメタリック、グレーメタリック、ベージュメタリックの3 色を外装色に採用するなど、1年目の改良は最少といえる。歓迎すべきは前席の助手席にアクティブヘッドレストを標準装備した点。

ヴァンガードで悪路を走るユーザーはそれほどいないはず。生活4WDとして必要な以外、キャンプやスキーの足としてなら2WDでもこと足りる。都会派SUVとして魅力を増したヴァンガード、ディーラーだけでなくユーザーにも歓迎すべき2WDの追加といえるだろう。燃費は10・15モードで4WDよりも0.4km/L向上の13.0km/L。4つ星のグリーン税制も受けられる。このご時世だけにうれしい2WDヴァンガードの登場だ。

次ページはミツビシ・アウトランダーについて