「高級車」を彷彿させる

ランエボ・フロント
グレードはGSRとRSの二種類。GSRにはさまざまなパッケージオプションが用意される

ランエボXの本質は「誰にでも容易に乗れる本物のスポーツカー」という点である。キー捻ってエンジンを掛け、Dレンジで走り始めると、う~ん! すっごく快適だったりして。驚くべきがSST(ツインクラッチAT)。普通のトルコンAT以上に滑らかな変速をしてくれるのだ。高級車用のミッションと言っても良いほど。

乗り心地も文句なし! 21万円の「ハイパフォーマンスパッケージ」を選ぶと付いてくるビルシュタイン製ダンパーが利いているのだろう。ハイパフォーマンスというとガチガチの乗り心地をイメージするかもしれないけれど、標準仕様のKYB製ダンパーより高級感あり。動きが滑らかなのだ。BMWやベンツと比べたって負けていない。

シフト
ツインクラッチ式ATのSST。3種類の変速プログラムを用意する

標準装備となるレカロのシートは、やっぱり上質。スポーツドライビングを想定し、左右のホールド性も十分確保してあるというが、窮屈さ無し! 大幅に質感を上げたインテリアと合わせ、300万円級の4ドアセダンとして通用するレベルになった。いろんな意味で毎日の足として使える快適性や質感を確保してます。

次ページでサーキット試乗!