室内のクオリティもBMWに届いていない

いよいよレクサス店が営業を開始する。雑誌などメディアのレポートを読むと、基本的にベタ誉め記事ばかり。果たしてレクサスISは、そんなに良いクルマなのだろうか?

基本的なISの弱点は前章に書いたとおりだが、さらにインテリアの質感も3シリーズに届いていない。一つだけ例を挙げてみよう。3シリーズのシートは、長い間、素晴らしい評価を受け続けてきた。ヨーロッパのシートメーカーって、F1やWRCのラリーカーから、フェラーリ、ポルシェ、ロールスロイスといった様々なトップジャンルのシートを作っている。つまり<ヨーロッパの一流シートメーカー>=<世界のトップクラス>なのだ。

ISのシートはどうか? もちろん日本のシートメーカーが一生懸命開発したと思う。レクサスのことだからコストだって掛けているハズ。しかし世界の一流と勝負した経験の無いメーカーに突如「BMWと同等のシートを作って欲しい」といっても無理。私がフェラーリのF1マシンに乗ったところで、タイムなんか出せるモンじゃない。それと同じ。

インテリアの質感もBMW3シリーズには届いていない。何よりも狭い!
輸入車に乗ったことのない人ならISのシートも悪くないと感じることだろう。されど「良いモノを知ってしまう」と厳しい。これ、シートだけに留まらない。世界の一流と勝負した経験のない部品は全てダメ。ヨーロッパ勢と真正面から当たって勝てるの、世界一流であるタイヤやヘッドライト、クルマそのものの信頼性くらいかと。

これはISだけでなくGSにも当てはまること。今までのようにBMWやベンツより大幅に安価な価格設定なら売れると思うが、同じ価格帯になったら厳しい。高級車を買うようなユーザー層は慧眼である。スタートから半年くらいは話題性もあって売れるかもしれない。そこから厳しい戦いになるんじゃなかろうか。

ただトヨタもキッチリ認識するだろう。早ければ次のモデルチェンジで。遅くとも2回目のモデルチェンジで、ヨーロッパの一流と勝負できるようなクルマを作ってくるハズ。そのときは、シートもダンパーも日本製じゃないかもしれませんが……。10年後の成功は疑っていない。

関連サイト
レクサスはホントにいいクルマ?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。