実例!巻物アリとナシで、こんなに変わる

左が巻物あり、右が巻物なしスタイル。巻物なしだと、全身黒のシックなワンピーススタイル。ピンクのグラデーションになったジバンシィのストールをプラスすると、今年らしい愛らしい表情にスイッチ。(読者モデル 本田玲奈さん)

今、おしゃれOLたちにとってのマストアイテムといえば、巻物!通勤服にも、オフの日のデート服にも、そしてパーティスタイルにも、とにかく巻物がないと忘れ物をしているような感覚だとか。

確かに、巻物は襟元にさらっと巻くだけで、去年の服も今年らしく見せてくれるパワーアイテムでもあります。

そこで、今回、有名読者モデルたちに、シーン別に自己流巻物コーディネイトを披露してもらい、スナップさせていただきました。

合わせて、巻物の威力がよくわかるように、巻物ありコーディネイトと巻物なしコーディネイトの両方を撮影させていただきました。


[CONTENTS]
Page1: 通勤服は、ストールを左肩にたらすのがお約束
Page2: カジュアルなら、両肩にたらしてフリンジ見せ
Page3: パーティ服には、ネックを覆うふわふわファー