重ね履きナシ! ボトムはレギンス・オンリー

jenni kayne
DIANE von FURSTENBERG
2009-10秋冬NYコレクション
デニムに匹敵するくらいのお約束ボトムにのし上がったレギンス。でも、今秋はその履きこなしに異変アリ。派手柄、グリッター、レザー風素材などの視線ゲット系が満員御礼に。中でも、ヒップのギリギリ下からレギンス・オンリーという大胆な着こなしに注目が集まりそう!

昨年からNYでもちらほら出現したそんな1枚で履きたくなるようなスキニージーンズ感覚のレッグウエアの着こなし、日本でも浸透する可能性、大です!

【CONTENTS】
Page 1:ギンギラ・レギンスを80'sスポーティに
Page 2:テカレギンスがネオ・エイティーズ
Page 3:派手柄レッグウエア
Page 4:幾何学柄でシャープ脚
Page 5:サイバー&グラマラス


ギンギラ・レギンスを80'sスポーティに

※写真をクリックすると、次の写真に進みます。


トレンドど真ん中の「80'sルック」を目指すのなら断然コレ。ご指名買いしたいのは、このようなきらきらスパンコールをあしらったグリッタータイプ。80年代のギラつき感とパワーをそのまま取り入れるのが吉。レザーパンツ感覚で履くのがポイントです。スウェットパーカーにレザーベストをオン。そこにカラフルスニーカーの合わせが絶妙の80's崩し。シャネルのチェーンバッグをこのスタイルに取り入れば、さらに上級のハズシ技に。


次のページでは、艶感発揮のテカレギンス!