「セオリー」が新丸ビルにオープン
Theoryブランド設立から10周年!

セオリー新丸ビル店の店内は10周年イベントモード。壁にはNYのフォトグラファーMichael Dweckによって撮りおろされた、NYで最もエキサイティングな場所、「ミートパッキング・ディストリクト(MPD)」の写真がNYの風を感じる。


働く女性のカリスマブランド「Theory(セオリー)」が新丸の内ビルディング店をオープンしました! 東京・丸の内に4月27日にオープンした、新たな複合ビル「新丸の内ビルディング」の3階にレディース、4階に「セオリー メン」が入りました。新丸ビルは「大人の男性と女性」に、「素敵な時間」を提案するというのがコンセプト。女性と男性両方のショップを構えたセオリーは新丸ビルのメッセージにピッタリで、カップルで訪れて一緒にお買い物が楽しめる貴重なショップです。

【CONTENTS】
  • Page 1:「セオリー」新丸の内ビルディング・オープン




NY発「Theory」の現在の姿を伝えるショップ
simple, basic, stylish

Theory Theory
スタイリッシュなレイヤードスタイルは、清潔感のあるジャケット+パンツのおかげ。どのアイテムもしなやかなフィット感があるので、重ね着しても洗練された着こなし。 ジャケット 46,200円 ブラウス 18,900円 
パンツ 29,400円 全てtheory
白のジャケットは全体に上品に魅せてくれる「魔法のトップス」。顔映りも明るく見えるので、異性からも同性からも印象アップの絶好のアイテムです。そんな白ジャケットをコンパクトにまとめ、スキニーパンツで合わせれば、アーバンで活動的な仕上がりに。 ジャケット 44,100円 タンクトップ 6,300円 パンツ 25,200円 
全てtheory


ニューヨークで「Theory」ブランドが誕生したのは1997年の春。パンツやシャツなど、すべてのアイテムに上質なストレッチ素材「Lycra(ライクラ)」を使用するという新しい発想が圧倒的な支持を得て、NYを代表する大手百貨店の「サックス・フィフス・アベニュー」「バーグドルフ・グッドマン」などで爆発的にヒットしました。ストレッチ素材だからこそ実現できた、フィット感とシルエットを両立させたセオリー商品は細身でありながら着心地がよい上、シワになりにくく扱いやすいなどの長所から、実用性を重視するニューヨーカーをとりこにしました。今や働く女性にとって、なくてはならないブランドに成長した感があります。

復刻版 新スタイルのスーツ
設立10周年を記念したパンツです。セオリーの原点に立ち帰って、過去にメガヒットしたパンツの復刻版が発売されました。 
パンツ(PATRICIA 10) 29,400円 theory
袖&着丈が短めのコンパクトジャケットが印象的なスーツ。クロップトパンツで合わせる新スタイルのスーツは都会で働く女性にピッタリ。 
ジャケット 54,600円 
パンツ 33,600円 共にtheory


99年から日本で展開を始めました。シンプルで都会的なデザインは、抜群の着心地もあって、ニューヨークと同様に瞬くうちに人気を集め、圧倒的なポジションを築いていきました。アッパーなインポートブランドにはなかなか手に届かないが、ドメスティックブランドよりもうちょっと大人の香りをまといたい……。そんなニーズに手を差し伸べてくれたのが「セオリー」。これらの中間に位置するとして「ブリッジブランド」という呼び名も生まれました。「美脚パンツ」「セレブの日常着」などといった流行を作ったことでも有名です。

パンツの復刻版 店内
セオリーと言えば、元祖「ストレッチ美脚パンツ」。過去10年で人気のあったパンツの復刻版が堂々とハンギングされている。 広々としてクリーンな店内は訪れる人々の気持ちをリフレッシュさせてくれます。


仕事が忙しくても、おしゃれには手を抜かない女性にとって、オンとオフ、そしてそのブリッジタイムのファッションは大切。次のページではライフスタイルまで丸ごと頼りになる、オン&オフのセオリー流スタイルをお見せします!