ホリデーのディスプレイ第2弾は、五番街やヘラルドスクエア、ダウンタウン各地のショップのウィンドーを特集!

CynthiaRowley(左)とOLD NAVY(右)。


今年は暖冬のNYですが、さらに心暖まるディスプレイをしていたのはこの2つ。まずは、ソーホーのCynthiaRowley(シンシア・ローリー)。手前に置かれているのは、なんとヴォッカ用のセーター! ひと針ずつ手編みされたトナカイ柄とその可愛いアイディアに、ことても心和むディスプレイです。ヘラルドスクエアのOLD NAVY(オールド・ネイビー)。お馴染みGAPグループながら、さらに値段を押さえた品揃えが人気。ゆきだるまたちが着ているセーターも、ほとんどが10ドル台です。ウィンドーの中でくるくる回るゆきだるま一家、まさに家族で過ごす暖かいホリデーシーズンをイメージさせます。

HARRY WINSTON(右)とCHANEL(左)。


次は、高級ブランドのディスプレイを紹介。五番街に本店を構えるHARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)は小さなガラスのショーケースの中に枝を入れ、それにダイアモンドのジュエリーを飾りました。自然をイメージさせる小さな木立を背景に輝く大粒のダイヤ。ハリウッドや世界の王室などのセレブリティが夢中になるのもうなづける魅惑の輝きです。一方、ソーホーのCHANEL(シャネル)はブルーを基調にしたシックなディスプレイ。トナカイの背中にもしっかりシャネルマークが入っています。

<写真をクリックすると拡大します>