ケイト・モスがデザインを手掛ける「ケイト・モス・フォー・ロンシャン」デビュー



【CONTENTS】
Page2:ケイト・モスに聞いた「ケイト・モス・フォー・ロンシャン」前編
Page3:ケイト・モスに聞いた「ケイト・モス・フォー・ロンシャン」後編

Kate moss for LONGCHAMP
 
8シーズンにわたり、ロンシャンの顔を務めるケイト・モスがデザインを手掛けるバッグコレクション「kate moss for LONGCHAMP(ケイト・モス・フォー・ロンシャン)」が、2010年2月17日(水)に待望のデビュー!

コレクションは「ロックンカジュアル(Rock 'n' Casual)」「ロックングラム(Rock 'n' Glam )」「ロックントラベル (Rock 'n' Travel )」の3つのテーマのもと、ケイト自身のライフスタイルが投影されています。ケイトが大好きな大胆なアニマルプリントをファーストコレクション全体のモチーフとして多用したり、スタッズをあしらうなど、ケイトのロックスピリットを遺憾なく発揮。ロンシャンのクラフトマンシップと、ケイトのファッションセンスの融合から誕生したバッグの数々は、いつでも傍に置いておきたくなる、そんな愛すべき存在です。

Kate moss for LONGCHAMP
(左から)ゼブラ柄の「ソーホークラッチ」 77,700(税込) ガルーシャの型押し「ソーホークラッチ」 各色 50,400(税込) 「グロスタートラベルバッグ」130,200(税込) ゼブラの「ソーホークラッチ」 77,700(税込) 
ランウェイやレッドカーペットの上に立ち、世界中をかけめぐり、モデルと母の役割をこなしてきた経験から、ケイトは彼女自身がバッグに何を求めるかを、時間をかけて熟考しました。

例えば、「ロックングラム」コレクションの「ソーホークラッチ」は、レッドカーペット上でクールに決める独自のノウハウを凝縮したもの。可愛くて、独創的で、見た目にかかわらず収納力に優れたバッグには、取り外し可能なストラップが付いています。肩にかけてショルダーに、無造作に手首にぶら下げてハンドバッグに、そしてストラップを外せばクラッチにと、オケージョンによって使い分けられる3WAYバッグ。

「ロックントラベル」コレクションの「グロスター」トラベルバッグは、数えきれないほどの時間を空の旅に費やしたケイト自身の経験から、ゆったりとして、荷物を詰め込んでも軽いバッグをデザイン。実用的でシックなスタイルで、サイズはエアラインの制限内に収めつつ衣類にシワが寄らないように計算されています。大きめの持ち手は、手に提げても肩にかけてもよい長さ。

ケイト・モス・フォー・ロンシャン」は、2月17日(水)から「ロンシャン」直営ブティックと新宿伊勢丹「ザ・ステージ」にて先行販売を開始します。3月3日からは直営ブティック5店舗のほか、百貨店11店舗とユナイテッドアローズ本店と銀座店の計18店舗で販売。また2月10日(水)から、上記店舗と「ロンシャン」公式モバイルサイト(m-longchamp.jp)で先行予約を開始。ぜひこのスペシャルな「ケイト・モス・フォー・ロンシャン」を手に入れてみては?


次のページでは、ケイト・モスのロングインタビューをご紹介します!