この秋のトレンドカラーを小物に取り入れよう


trend color
この秋冬、どんなカラーに注目すればファッション計画は完璧?
2006/2007年秋冬のファッションをいち早くチェックしたいあなたにお届けする今回のテーマは、ずばりトレンドカラー! 「この秋流行るカラーっていったい何?」そんな疑問にお答えすべく、財団法人 日本ファッション協会 流行色情報センター(JAFCA)の広報担当である大野礼子さんにインタビューを敢行しました。

これらのトレンドカラーを参考に、この秋のファッション小物お買い物戦線に挑んで!


【CONTENTS】
Page1:今年の秋冬傾向は「クール」「重み」「上質感」
Page2:絶対押さえておきたいトレンドカラー解説
Page3:トレンドカラーを取り入れた注目のファッション小物


今年の秋冬傾向は「クール」「重み」「上質感」

jafca2006awupdatecolor
秋冬トレンドカラー一覧(参考:JAFCA 2006 A/W レディース アップデイトカラー)
Q. 2006秋冬のトレンドカラーについて教えてください。
「まず、全体的な流れとして、この秋冬のトレンドカラーは寒色系カラーが主流となっています。甘さからクールさへと、求められる色に変化が見られるのが特徴ですね。」

Q. それはどういった流れからでしょうか?
「一概には言えないのですが、大まかな流れとして、カラーのトレンドを10年周期として考えると、2000年代は清色の時代なんです。白や黒などのはっきりとしたカラーをベースとして、そこに綺麗なカラーが加わってくるのが特徴です。清色にこそ綺麗な色がよく映えますから。2000年代前半に多く見られたライトカラーから、今年はもっと重みのあるカラーへとトレンドが移行したと言えるでしょう。また最近流行しているピンクといったカラーよりも、今年はより上質なカラー、例えばゴールドなどに注目が集まるでしょう。」


つまりは、秋冬トレンドカラー傾向は「クール」「重み」「上質感」とのこと。

次のページでは、この秋冬流行するカラーを徹底分析します!