“スターの靴職人”として、オードリー・ヘップバーンやマリリン・モンロー、キャサリン・ヘップバーンといった多くの女優たちに愛されてきた「サルヴァトーレ フェラガモ」。当時のセレブリティたちが見につけていたものにインスパイアされたゴージャスシューズが、映画『オーストラリア』の中で沢山登場します。ニコール・キッドマンのエレガントスタイルをたっぷりお楽しみください!

【CONTENTS】
・Page1:セレブマダムになれる!ネイビー×アイボリーのコンサバルック!
・Page2:ヒロインになれる!チャイナドレス×ベルベットサンダル!
・Page3:キャリアウーマンになれる!ボウタイシャツ×レースアップシューズ!
・Page4:アクティブになれる!レディなジョッキーブーツ!

誰もがセレブマダムになれる!ネイビー×アイボリーのコンサバルック!


「オーストラリア」
淑女ルックのお手本にしたいフェミニンルック。舞台背景は1930年~40年代。イギリス貴族のレディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)が、未開の荒れた土地が広がるオーストラリアに、セレブなマダムルックで登場する印象的なシーンです。(C) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

ニコール・キッドマン×ヒュー・ジャックマンの『オーストラリア』。みなさんは、もうご覧になりましたか。素晴らしい大自然、アボリジニの教え、エピックロマンスなど、この映画の見どころは沢山ありますが、やはり見逃せないのは、ニコール・キッドマンの華やかな衣装の数々です!『ムーラン・ルージュ』や「シャネル」の香水“No.5”等のCMで、ニコールの美しい姿をカメラに収めてきたバズ・ラーマン監督との再タッグですから、ファッショナブルさはお墨付きですよ。

「フェラガモ」シューズ
フェラガモを愛用していたフィンザー公爵夫人のために作られたモデルからインスパイアされたパンプス。今回、ニコール・キッドマンのために特別に制作されたシューズです。

『オーストラリア』の中でニコールが魅せるシューズ&グローブは、あの「フェラガモ」のもの。アイボリーとネイビーのスーツにコーディネートされたツートンカラーのパンプスは、いかにも「フェラガモ」らしいアイテムです。スーツとフェラガモパンプスでお出かけすれば、誰もがセレブマダムに近づけます。

次のページは、ニコール・キッドマンのチャイナ風パーティースタイルをお届けします!