2009年、エイジレスビューティーを目指すなら、ご存知、“クイーンオブポップ”のマドンナに注目せずにはいられません。今回は、50歳を過ぎて、ますますパワフルに世界を飛び回るマドンナのステージ衣装をご紹介します。

マドンナ
「Sticky and Sweet」ツアーでは、SM風のセクシー衣装が多いマドンナ。リカルド・ティッシュによるジバンシィオートクチュール。/Kevin Mazur for Givenchy.

マドンナは、2008年4月30日の『Hard Candy』リリース後、8月から、「Sticky and Sweet」ツアーと題して、ヨーロッパ各国を廻り、12月にアメリカ主要都市での公演を終えたところ。ショースタッフは250人以上、すべてアリーナクラスの大掛かりなワールドツアーで、すべて超満員といった大盛況でした。日本での公演も待ち遠しいところです。

この衣装は、ジバンシィのデザイナーであるリカルド・ティッシがマドンナのためにデザインしたもの。ジェトビーズがついたシルクオーガンザにブラックプリーツを施したブラックストレッチサテンのフロックコートです。

マドンナ
マドンナのワールドツアーには、沢山のハイファッションブランドがステージ衣装を提供しています。こちらは、ジバンシィオートクチュール。女性ダンサーは、シルクジャージィのストレッチサテンブラウスを着用。男性ダンサーは、ブラックシルクのストレッチパンツを着用。/Kevin Mazur for Givenchy.

50歳という年齢を全く感じさせないセクシーさと美貌。そして、パワフルでクリエイティブな生き方は、世の女性の憧れでもあります。マドンナの「Sticy and Sweet」ツアーには、ジバンシィ、ステラ・マッカートニー、モスキーノ、イヴ・サンローラン、ロベルト・カバリ、ジェレミー・スコットなどが、それぞれステージ衣装を提供しています。バンドメンバーやダンサーたちには、トム・フォードから提供があった模様。

マドンナ
カラフルロック&セクシー!ジバンシィが提供したマドンナのステージ衣装。/Kevin Mazur for Givenchy.

ライヴは4部構成で、マドンナの衣装変えは8回。中でも、ブラックブーツ&ブラックコルセットのSM風ファッションは、セクシーなダンスシーンと見事にマッチしており大好評でした。女性ウケが良かったのは、リカルド・ティッシュがマドンナのワールドツアーのためにデザインしたブラックシフォンのミニドレス。リボンやメタルチェーンが施されており、セクシーでありながらキュートなエッセンスがたっぷりです。フューシャピンクをメインに、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルーなどレインボーカラーを配した衣装は、「クイーンオブポップ」の名にふさわしい1枚でした。

年齢不詳の美しさを誇るマドンナにあやかって、2009年も、エイジレスに、パワフルに!セレブファッションを楽しんでくださいネ!

※記事の更新やセレブファッション情報満載のコラムをガイドメールマガジンにてお知らせします。登録はこちらから。

【取材協力】
Givenchy
http://www.givenchy.fr/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。