この秋は、ケイト・ボスワースのように知的にキメる!?


2006年8月19日から公開となる『スーパーマン リターンズ』で、ヒロイン役を演じたケイト・ボスワース。スーパーマンと同じくらい世界的に有名なロイスという役柄を演じるには、かなりのプレッシャーがあったといいます。おかげで、『スーパーマン リターンズ』のプレミア会場で彼女が着用する予定であったドレスは、すべてブカブカでサイズ直しが必要だったほどです。しかし、ケイトの人気は急上昇!一時は破局が報じられていたオーランド・ブルームと復縁し、撮影現場でも、プレミア会場でも始終ラブラブの姿がキャッチされていますね。

『スーパーマン』は、世界的にあまりにも有名な話だけにみなさんもご存知かと思いますが、ケイトが演じているスーパーマンの恋人ロイスは女性記者で、ピュリッツァー賞を受賞するほどの才女です。 キャリア美人といった役柄を反映するケイトの知的なコーディネート術をチェックしてみましょう!

【CONTENTS】
・Page1:新生ロイスに見るバランスキャリアスタイル!
・Page2:冴えわたる美女系!ケイト流知的メガネ!

新生ロイスに見るバランスキャリアスタイル!

全体にのトーンはクラッシック。ヘアスタイルは軽やかにして、バランス美を追求!(C)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.

スーパーマンの永遠の恋人、ロイス役に大抜擢のケイト・ボスワース。スーパーマンというのは、アメリカ的不滅のヒーローであり、その恋人ロイスは、アメリカ人にとって、永遠のマドンナです。知的でセンスがあって美人。バイタリティがあって、何事にも手を抜かず、常にスクープをモノにする逸材。一般人からみると、ロイスだって、十分過ぎるぐらいに“スーパーウーマン”なのです! そんなロイスを演じるとあって、ケイトのプレッシャーは凄まじいものだったといいます。しかし、ケイトは、この役を演じたことで、“永遠の憧れ”“アメリカ的理想の恋人”といったイメージをゲットし、人気を不動のものとしました。

ロイスの知的なイメージを反映するために選ばれた衣装は、クラシックな中にモダンテイストをピリリッと効かせたアイテムばかり。知的だけど、肩肘はったようなボールドな感じは全くしません。ケイトのエレガントで優しい雰囲気を活かした新生ロイスの誕生です。

スーパーマン リターンズ
スーパーマンの恋人ロイス役を演じたケイト・ボスワース!知的でお洒落な雰囲気のスーツが良くお似合いです。(C)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.

ケイトが着ているのは、ブラウンのテーラードスーツ。細かい折柄が入っているので、光のあたり具合で、色が微妙に変化し、時にはモーブっぽい印象にシフトします。形は硬派なのですが、色や素材が女性っぽいので、ケイトのようなテーラードスーツを選ぶと、知的美人な感じに仕上がります。また、今年の秋は、ブラックスーツでカッチリとキメるのではなく、チョコレート色や、モーブよりのブラウンを選んだほうがお洒落ですよ。

また、髪やメイクも柔らかく優しく作っているところも特徴のひとつ。キャリアのある女性が気合の入ったメイクをしていた時代は終焉を迎えており、優しさと強さを兼ね備えたバランス美を持つ女性こそが、次世代のロイスなのです。硬めの服を選んだときこそ、そして、キャリアウーマンこそ、ケイトのような柔らかなウェーブヘアーやふんわりとしたチーク使いを実践して欲しいですね。

次のページでは、ケイトがつけている知的美人なメガネをチェックします!