シエナ・ミラーの大変身メイク術に注目!

いまや、タブロイド誌やファッション誌で、シエナ・ミラーを見ない日はありませんね。ファッションセレブとして注目を浴びる彼女は、女性人気がダントツ!生き方やスタイリングそのものをお手本にしたいという女性が増えています。

人気ばかりが先行してしまったシエナですが、本格的に女優業にのりだしました。最新作は『カサノバ』。18世紀のヴェネツィアを舞台に、時代の最先端をいく聡明な女性を演じています。驚くほどの変身ぶりで、いつものシエナとはまるで別人です。

今回は、前編「スクリーンの中のエレガントシエナメイク」をチェック! 前編・後編にわたって、スクリーンの中のシエナ・ミラーと、いつも彼女のメイクを徹底比較してみます。シエナ的、メイク術を見習って、あなたも大変身しちゃってくださいね!

【CONTENTS】
・Page1:シエナ大変身!高貴なエレガントメイクで勝負!
・Page2:陶器肌を作る女優メイクに挑戦!


シエナ大変身!高貴なエレガントメイクで勝負!

(C)Touchstone Pictures, All rights Reserved.
いつものシエナとは別人! ヴェネツィアの貴婦人に早代わり!

18世紀のヴェネツィアが舞台の『カサノバ』は、落ちない女性はいないといわれたほどの恋愛の達人、カサノバの物語。伝説のプレイボーイ、カサノバをヒース・レチャーが演じ、カサノバに目もくれない唯一の女性、フランチェスカをシエナ・ミラーが演じています。フランチェスカは、ただの美女ではなく、その時代には珍しく自立した聡明な女性で、シエナは、文武両道、男顔負けの博学さも併せ持つ凛とした女性の役を熱演しています。

スクリーンの中のシエナ・ミラーは、いつもタブロイド誌で見るような彼女と違って、高貴で落ち着いた印象。ブロンドから、ブルネットヘアに変えただけでも、かなりイメージがかわりますが、なんといっても、シエナのメイクに注目です。

いつもの彼女は、完全なモードメイクですが、それとはまるで正反対のベルベットメイクが施されています。まさに、“大バケ”です!

まず、眉ですが、いつものシエナなら、もう少し細くシャープで色もチャコールグレーに近い色を使います。しかし、フランチェスカ役の場合、髪の色と同じ明るいブラウンで太め。なだらかでエッジがありません。柔らかいライトブラウンのアイシャドーを使って丁寧にぼかしこんでいます。

ファンデーションは、ツヤのないタイプで仕上げています。テカリのないマットなベルベットパウダーを用意。リップカラーも、いつものシエナからは想像ができないエレガントローズ。チークカラーは、明るいピーチピンクを顔の中央にのせています。

いつものシエナとは別人ですね。これだけ大変身できちゃうのなら、私達もメイク次第では、今とは違う自分になれる気がしませんか!?

次のページでは、シエナのエレガントメイクに近づくアイテムを紹介します。