円高=ドル安です。今回の円高はドル安の側面が非常に強く、円が高いという状況よりもドルがあまりにも安くなってきている状況です。経済状況からしても円高になる要因は乏しいのではないでしょうか。これ以上ドル安が進むかどうかが焦点と思います。

資源国通貨(例えばオーストラリアドル)とドルとの関係を見ますとドル安の傾向はよりはっきりします。4月には0.65豪ドル/ドルでしたが、直近では0.9豪ドル/ドルと38%のドル安、豪ドル高になってきています。わずか半年で40%近くドル安になっているのです。ちなみに円/ドルではこの間10%程度しか円高は進んでいません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。