おむつや哺乳瓶・母子手帳など、赤ちゃん用品を入れるマザーズバッグ(ママバッグ)。赤ちゃんが大きくなったら持ち物も減るのでいくつも必要ないのですが、その日の服装に合わせてバッグも持ち替えたいですよね? そこで今回はバッグの中に入れて使えるバッグinバッグをご紹介します。これ一つで何通りもの使い方ができ、まさにマザーズバッグの救世主です。

<CONTENTS>
1ページ目:普通のバッグはマザーズバッグとして使えない?
2ページ目:普段使いのバッグがマザーズバッグに変身!
3ページ目:バッグinバッグのガイド石井流の使い方

普通のバッグはマザーズバッグとして使えない?


独身時代に使っていたバッグが、マザーズバッグ(ママバッグ)に変身!
普通のバッグはマザーズバッグとして使えない?
マザーズバッグという言葉から想像すのは、外付けのポケットが沢山付いていて、何がどこにあるのか分り、すぐに必要なものが取り出せる機能性重視&大容量のバッグではないでしょうか?

子どもが生まれる前に使っていたバッグは、やはり子連れ外出には使い勝手が悪いですよね。でもマザーズバッグは用途が限られているので逆に使いにくいこともありませんか? 私自身いくつものマザーズバッグを購入したのですが、子どもが大きくなり荷物が減った今、購入したほとんどのマザーズバッグはクローゼットに眠ったまま活躍する機会はありません。

子どもが生まれる前から持っていたある程度容量のあるバッグが、そのままマザーズバッグとして使えれば、無駄もないしいいですよね。そこで何故子どもが生まれる前に使っていたバッグが、マザーズバッグとして使えないのかを考えてみました。

大きな理由は
  • 素早く目的のものを取り出せない
  • バッグの中に仕切りが少ないので、持ち物がごちゃごちゃする
ではないでしょうか?


>>次ページは「普段使いのバッグがマザーズバッグに変身!」