雰囲気を自分の肌で感じてから決めよう

でも考えてみれば、産院情報は、もともとお見合い前の履歴書にすぎません。産院を知るために一番大切なのは、そこで働いている人と実際に会うことです。まずは、候補になったところに電話をして、夫立ち会いで産みたいとか、何でもいいですから、気になっていることを聞いてみます。電話での雰囲気がよかったら、実際に出かけていきます。

そこでは、医師だけではなく、助産師さん、看護師さん、お掃除の人など、そこにいる人みんなに注目します。産院の空気全体が明るく、生き生きとして、ものを言いにくいことがない風通しのいい感じがしたら、そこは有力候補ではないでしょうか。

また、お産は微妙な人間関係が影響します。「いい医師の選び方」を聞くと、たくさんの専門家が、「ウマが合うのが一番だよ」と言います。

情報がたくさん出てきたうれしい時代だからこそ、問われるのは、情報に流されない、「いいところかどうかは、私がこの目で決めるんだ!」という精神。それを大いに発揮して、この便利な道具を使ってください。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。