みなさんはデイトレードと言う投資手法をご存知でしょうか?

一般的には、1日のうちに何回も取引を行い、その日のうちに持ち株はすべて決済してしまう短期的なトレードです。

株式投資を始められる方の多くが、“デイトレードで成功したい”とお思いなのではないでしょうか。デイトレードに限らず、初心者が株式投資を行う場合、「今日は何を買おうかな?」と考えてから注文を出すのではないでしょうか。

毎日、「今日値上がりしそうな銘柄はどれだろう」と毎朝買い注文を出すのですから、必然的に寄付が高くなります。つまり寄付から引けにかけて株価は下落傾向にあると言えます。
そうデイトレードでは実は空売りが有利なのです。

図は1999年から2009年にかけて、日経225先物を寄付で売って、その日の引けに買い戻した場合の検証結果です。

空売りの仕掛け

空売りの仕掛け



仮に99年から09年の間に、毎日、日経225先物を寄付で売って、引けに買い戻していれば、約1300万円利益を得ることが出来たと言えます。

日経225先物は、株式市場全体を表す株価指数のため、すべての銘柄で一概には言えませんが、株式市場の傾向としてはこのデータからも、投資は売りから入るほうが有利だと言えるのではないでしょうか。