お金ブス
わたしの中のお金ブスにさよなら

お金と上手につきあえる「お金美人」ってどんな人?豊かな人生を送るため、自分の中の「お金ブス」にさよならしましょう。

「お金ブス」ってこんな人

「お金美人」はどんな人かお話する前に、その反対の「お金ブス」についてお話しましょう。自分の中に「お金ブス」の習慣が蓄積していると、「お金美人」についてお話してもなんだかピンとこないからです。長年の習慣で「お金ブス」が当たり前になっている人は、自覚することからスタートしましょう。

「お金ブス」とは、一言で言うとお金と上手に付き合えない人です。スマートに使えず、お金のことを後回しにしてしまう習慣がある、もしくは無関心です。もっと具体的にいうと・・・

ケチで無計画、ムダにお金を使ってしまう人。

自覚症状がない人もいます。ひどくなると、多重債務になっても借り続けられる限り、何の対処もしようとしません。

お金ブスの行動は心の奥底にひそむ「人よりもトクをしたい!」「自分をよく見せたい!」「勝ってやる!」という、気持ちが起こしているのです。慢性化すると、いつもの行動に何の疑問も持たなくなるので、要注意です。どんな人が「お金ブス」なのか見てみましょう。

「お金ブス」チェックリスト

■「お金がない」と人によく言う
■お金を貯める目標がない
■自己投資とは無縁
■割り勘負けしたくない
■ついバーゲンで買いすぎる
■いらないオマケもタダならもらう
■使い切らない化粧品がいっぱい
■貯金はある時にする
■長年使っていない口座がある
■宝くじ、株、FXで儲けてみたい

ここにあげたのは、「お金ブス」のほんの一例です。こんなに買い物をしてるんだからと、スーパーでとビニール袋をぐるぐるたぐり寄せるのも「お金ブス」。押し入れにリサイクルショップで買った、使わないブランド物のバッグがぎっしり入っているのも「お金ブス」です。