体重9~18kg、およそ9ヶ月から4歳頃までの子ども向けの、幼児用チャイルドシートのおすすめ品をランキング形式でご紹介します。


第1位 レーマー デュオプラス ISOFIXチャイルドシート

日本では初の汎用ISOFIXチャイルドシート

日本では初の汎用ISOFIXチャイルドシート

2012年以降販売開始される車にはすべて汎用ISOFIXチャイルドシート取り付け用の金具が装着されます。これによってメーカー純正に限らず、好みのブランドを選んで汎用ISOFIXチャイルドシートを自分の車に取り付けることが出来るようになります。いち早くそうした市場環境を実現したヨーロッパで、圧倒的な支持を得たのがこのデュオプラス。ヨーロッパの有名車メーカーの多くが純正チャイルドシートとして採用するほどの完成度で一人勝ち状態です。まだ日本では取り付けできる車両が少ないのですが、新しい車を購入された方は検討してみてください。完璧な装着が可能です。 


第2位 レーマー キングプラス

シートベルト固定タイプで最も評価の高いレーマーキングプラス

シートベルト固定タイプで最も評価の高いレーマーキングプラス

金具を使用するISOFIXではなくて、シートベルトで固定するタイプのチャイルドシートの方がまだまだ主流です。その中で安全性能の最も高い評価を得ているのがレーマーキングプラス。取り付け時にシートベルトの緩みをなくすための工夫があったり、固定後にもリクライニングが可能で便利です。肩ベルトの調整などもワンタッチで細かく調整可能で、分厚いヘッドレストもハーネスに連動して上下します。快適機能と安全性能を両立させた逸品で、こちらも世界の多くの車メーカーに純正指定されている信頼性の高いおすすめ品です。


第3位 マキシコシ トビ

独特の取り付け方法を採用し、レーマーと並ぶ高評価のtobi

独特の取り付け方法を採用し、レーマーと並ぶ高評価のtobi

ヨーロッパのアセスメントでレーマーに匹敵する4つ星の最高評価を得たのがこのマキシコシのトビ。独特のシートベルト固定方式で、高いサポート性能を実現しています。座面か高く重心も高いのに安全性能を損なわなかった点がポイントで子どもの視界が広がりますので背の高いワゴン車などにより適しています。あいにく正規品の流通量が少ないので入手しにくいですが、デザイン性も高くおしゃれなチャイルドシートです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。