2006年開港、バンコク・スワンナプーム国際空港

とにかく敷地が広いスワンナプーム国際空港。出国ゲートを間違えると戻るのが大変なので、ゲート番号の確認をお忘れなく

とにかく敷地が広いスワンナプーム国際空港。出国ゲートを間違えると戻るのが大変なので、ゲート番号の確認をお忘れなく

バンコクの東側に位置するスワンナプーム国際空港は2006年に開港した比較的新しい国際空港です。有名なドイツ人建築家によってデザインされた空港は近未来的で斬新な作りが印象的。2009年まで、バンコク市内にある国際空港はスワンナプーム国際空港と前国際空港のドンムアン空港の2箇所でしたが、現在では、ドンムアンに就航していた格安航空ノックエアおよびワンツーゴーもスワンナプーム国際空港に移動となり国際空港が一本化されました。

建物は地下1~4階まであり、B1階はエアポートリンク駅、1階はエアポートバス乗り場、2階は到着ロビー、3階はレストラン街、4階は出発ロビーとなっています。

デモ隊による空港占拠も……

2008年11月に起きたデモの影響で、スワンナプーム空港が約2週間デモ隊によって占拠され、飛行機の発着ができないという騒動がありました。この事件に対して「タイの国際的なイメージが悪くなった。いかなる理由においても空港は占拠するべきではなかった」と、タイ国内でも批判の声が多かったため、今後このような事態に陥ることはまずないと考えられます。安心してスワンナプーム空港を利用してください。

空港から市内へのアクセス

スワンナプーム空港は、バンコク中心部より東へ約30キロのサムットプラカーン県に位置しています。空港を出てから市内へのアクセス方法にはタクシー、エアポートバス、リムジン、公共のバスがありますが、旅行者にとってはタクシーとエアポートバスが便利でしょう。残念ながらバンコク市内を走る地下鉄や BTSの乗り入れはありません。

タクシー、バスなど行き方をまとめています。詳細はこちら>>>バンコクの市内交通・空港からのアクセス

エアポートリンクは2年遅れで開通

タクシーやエアポートバスに乗るのが言葉の面で不安という人もエアポートリンクが開通すれば安心!

タクシーやエアポートバスに乗るのが言葉の面で不安という人もエアポートリンクが開通すれば安心!

空港とバンコク市内を結ぶ鉄道空港線(エアポートリンク)は、当初2007年に完成予定でしたが大幅に工事が遅れ、何度も開通日を延期しています。その後は、2009年12月5日(プミポン国王誕生日)に運行開始という情報が有力視されていましたが、結局開通せず。ようやく2010年8月23日に予定から2年遅れで正式開通しました。

BTSパヤタイ駅からの乗り換えが可能で、空港までの所要時間は普通30分、特急15分で営業時間は午前6時から午前0時。開通と同時に開始が予定されていたマカサン駅での航空機チェックインは23日までに準備が間に合わず、先送りされました。チェックインが開始されましたら改めてお知らせします。

エアポートリンクのサイト(英語)
  • SA Express(空港駅とマッカサン駅をノンストップで結ぶ急行):100バーツ(約270円)
  • SA City Line(空港駅からマッカサン駅を経由してBTSパヤタイ駅まで約25分で結ぶ各駅電車):15~45バーツ(約40~121円)