ハイアマチュア&プロ向けの「Intuos 4シリーズ」

ワコムの「Intuos 4シリーズ」は、プロフェッショナル向けに開発されたペンタブレットだ。Bambooシリーズで感知できる筆圧レベルが最高1024レベルだったのに対し、Intuos 4シリーズは2倍の最高2048レベルにまで対応。より細やかな表現ができるのが特徴となっている。
プロ向けのペンタブレット「Intuos 4シリーズ」

プロ向けのペンタブレット「Intuos 4シリーズ」


ペンも通常の「Intuos4クラシックペン」のほか、エアブラシと同じデザインの「Intuos4エアブラシ」、回転検出に対応することでカリグラフィなどの表現も可能な「Intuos4アートペン」など、さまざまな別売オプションをラインアップしている。これらをそろえれば、まさにイラストレーターかフォトグラファーの仕事場といった感じだ。

タブレットの横には、カスタマイズ可能なファンクションキーも装備している。コピー&ペーストのほか、さまざまな編集操作を登録することで、より編集作業を効率よく行えるようになっている。

Intuos 4シリーズはこのようにプロフェッショナル向けだが、最新のBambooシリーズとは違ってタッチ操作には対応していない。このため「PC操作もタブレットで行いたい」という人には向いていない。あくまでも「より細かくて精密な画像・イラスト編集作業に使いたい」という人向けと考えてほしい。

■ガイドお薦めの高性能ペンタブレット
・ワコム「Intuos4 Special Edition PTK-640/K2」

読み取り範囲223.5×137mmのミディアムサイズモデル。画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 8」、イラスト制作ソフト「Corel Painter Essentials 4」「Corel Painter Sketch Pad」が付属する。


【関連サイト】
ワコム タブレット製品一覧



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。