iPadを使うなら、ケースも購入するのがオススメ

iPadを持ち歩くとなると、ぜひ用意しておきたいのがケースだ。背面などは特に傷がついてしまうことも考えられるため、できるだけケースに入れて持ち運ぶのがいいだろう。

iPadケースのなかで最も有名なのがアップル自身が販売している純正ケースだ。内側はマイクロファイバー製となっており、さらに強化パネル構造により、液晶画面を保護してくれる。

純正ケースであれば、本体を立てて使うことができる。キーボードとの組み合わせも便利

純正ケースであれば、本体を立てて使うことができる。キーボードとの組み合わせも便利


便利なのが、表面部分をくるっとひっくり返すして底面部分にあるツメに引っかけると、画面を斜めの状態して寝かせることが可能になる。キーボードを表示させ、文字入力がしやすいような構造にできるので、出先でメール処理をするというユーザーには最適だ。また、たてることもできるので、映像コンテンツを見るときにも重宝する。

 


薄くて軽いものがいいならポリカーボネート製

iPhone同様に他社からも続々とiPad専用ケースが登場してきている。最も種類が多いのがiPhoneと同様に背面にかぶせるかたちで保護するタイプのもの。ポリカーボネート製で堅くがっちりと守るタイプが人気だ。ポリカーボネート製カバーは薄くて軽いのが特長と言える。

クリアタイプのポリカーボネート製のケース「TUNESHELL for iPad」

クリアタイプのポリカーボネート製のケース「TUNESHELL for iPad」



柔らかい手触りだが、厚みが増してしまうシリコン製

一方、ポリカーボネート製以外にもシリコン樹脂を使ったものも店頭には良く並んでいる。素材がやわらかいので、ちょっとした衝撃からも守ってくれるので、安心度はかなり高い。色鮮やかに揃っているのも特長だ。

エレコム製のiPad用シリコンケース「AVA-PA10SCシリーズ」。液晶保護フィルムが付いているのでお得だ

エレコム製のiPad用シリコンケース「AVA-PA10SCシリーズ」。液晶保護フィルムが付いているのでお得だ



ただ、シリコン樹脂製はぴたっとはめ込むのではなく、本体を覆うようなかたちでの装着となる。また、素材が柔らかいのはいいのだが、厚みがあるためにややiPadが大きく感じてしまうという弱点もある。そのあたりの装着感などは店頭で実際に触って試してみるといいだろう。


文具のようなデザインや質感を求めるなら革製

iPad用ケースで増えつつあるのが、革のような素材を使い、大きなシステム手帳のようなデザインを採用しているものもいくつか登場してきている。

フォーカルポイントコンピュータの「TUNEFOLIO for iPad」。オレンジの他に、ホワイト、ブラックがある

フォーカルポイントコンピュータの「TUNEFOLIO for iPad」。オレンジの他に、ホワイト、ブラックがある


 


革でがっちりと守るだけでなく、フタの部分に名刺なども収納できるようになっているなど、文具としてiPadを持ち歩けるようになっているスタイルだ。革のような素材を使い、高級感もあるので、値段はシリコン製などに比べるとやや高めな印象だ。しかし、動画が見やすいような構造にもできるものが多いので利便性は高いと言えるだろう。


【関連サイト】
アップルストア iPad用ケース
フォーカールポイント iPad用ケース&アクセサリ
エレコム iPad用ケース




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。