最近のSSD事情

ノートPCといえば主記憶装置にHDD(ハードディスクドライブ)を搭載するのが基本であったが、最近では大きく事情が異なってきている。HDDはCPUやメモリーに対して読み書きの速度が遅く、衝撃に弱いという特徴も持っている。このため上位モデルを中心に、主記憶装置としてHDDの代わりにNAND型フラッシュメモリーを内蔵する「SSD(Solid State Drive、フラッシュメモリーを使用した記録メディア)」を利用するケースが増えているのだ。

一般的にHDDや光学ドライブなどの駆動部があるドライブのことを「スピンドル」と呼ぶ。ドライブの搭載数によって「1スピンドル(HDD搭載モデル)」「2スピンドル(HDD、光学ドライブ搭載モデル)」「3スピンドル(HDD、光学ドライブ、フロッピーディスクドライブ搭載モデル)」と分類される。SSDを搭載し、光学ドライブを内蔵しないノートPCなどは「ゼロスピンドル」などと呼ばれる。HDDに比べて読み込みが速く(書き込みは遅い場合もある)、耐衝撃性能も高くて持ち運びやすいゼロスピンドルノートPCが、モバイラーにとっては主流になりつつある。


容量で選ぶならMLC、速度と信頼性で選ぶならSLC

SSDは1つのセル(記録単位)に1ビット記録できる「SLC(Single Level Cell)」と、2ビット記録できる「MLC(Multi Level Cell)」の2種類に分けられる。

MLCはSLCに比べて大容量化が容易だが、SLCの方が構造が単純なため高速なだけでなく、信頼性も高いという特長がある。NAND型フラッシュメモリーは書き替え回数に制限があるのだが、MLCが1万回程度しかないのに対し、SLCは10万回程度と言われている。ただしSLCはMLCに比べて価格が高いというデメリットがある。

サイズはノートPC用HDDと同サイズの2.5インチが主流で、サブノートPC用HDDと同サイズの1.8インチ、デスクトップPC用HDDと同サイズの3.5インチなどがある。価格はここ1年ほどでこなれてきており、2.5インチのMLCタイプの場合32GBで1万円前後、64GBで1万5000円前後、128GBで3万円前後といった状況だ。SLCの場合は16GBで2万円前後、32GBで4万円前後、64GBで6万5000円前後と、2倍強の価格差がある。

いま初心者にお薦めのSSD

初心者向けであまり後悔しない無難な選択としては、以下のSSDがお薦めだ。

・トランセンド TS16GSSD25S-S(SLC 16GB)
SLCタイプの2.5インチSSD。速度と信頼性を求めるなら迷わずSLCタイプを選ぼう。

>>TS16GSSD25S-S(価格.com商品ページへ)


・エレコム ESD-I2SAシリーズ(MLC 128GB)
MLCタイプの2.5インチSSD。MLCタイプなら128GBで3万円程度と、少し前の2.5インチHDDくらいの価格まで下がってきている。

>>ESD-I2128SA(価格.com商品ページへ)



SSDは内蔵HDDと同サイズ、同形状のものが主流だが、ポータブルHDDのような外付けタイプも販売されている。耐衝撃性能を高めたポータブルHDDも増えているが、「毎日持ち運ぶので落としたときなどに不安がある」という人は、外付けSSDを選ぶという選択肢もあるだろう。

・トランセンド TS64GSSD18M-M(MLC 64GB)
MLCタイプの1.8インチSSDを搭載する外付けSSD。USB接続とeSATA接続が可能だ。

>>TS64GSSD18M-M(価格.com商品ページへ)


・バッファロー SHD-UHR64GS(SLC+MLC 64GB)
SLCとMLCのハイブリッドによって高速化を実現したUSB接続の外付けHDD。32GBモデルや100GBモデルもラインアップしている。

>>SHD-UHR64GS(価格.com商品ページへ)





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。