USBメモリは手軽だからこそ、セキュリティには注意しよう

重要な書類を持ち運ぶ場合には、セキュリティにも万全を期したい。そこでお薦めしたいのが指紋センサーを搭載する高セキュリティモデルだ。すべてのファイルを自動的に暗号化し、指紋認証を経ないと読めないようになっているので、機密資料を持ち運んでも安心だ。

セキュリティ面では、暗号化ソフトが付属するモデルもお薦めしたい。指紋認証モデルほど利便性は高くないかもしれないが、ここぞという時にファイルを暗号化するといった用途であれば十分だろう。

【ガイドお薦め機種】
・バッファロー RUF2-FHS4G(4GB)
指紋センサーを内蔵し、ハードウエアによる自動暗号化が可能なセキュアモデル。1/2/4/8GBモデルをラインアップする。


・アイ・オー・データ機器 ED-V4G(4GB)
ハードウエア暗号化機能に加え、ウイルススキャン機能を搭載するモデル。出先からウイルスを持ち帰る危険を防げる。

>>EasyDisk ED-V4G (4GB)(価格.com商品ページへ)


USBメモリ選びの4つのポイント:4. デザインで選ぶ>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。