メインバンクをどう選びますか?

銀行を変える……これって、けっこう面倒くさいんですよね。勤務先に給与振込口座の書類を出さなきゃいけないし、クレジットカードや生命保険料の引き落とし口座変更手続きをしないといけないしと考えると、「あ~面倒くさい。もういいや、このままで」となってしまいがちです。

でも、なにも一度に全部変更することはないのです。便利な銀行を見つけ、徐々にシフトしていけばいいだけ。クレジットカード関係の変更手続きが面倒だったら、ついでにカードをいくつか解約して効率よくポイントを貯める体制を整えてみては? 今の時代、たいていのことはネットと郵送で出来るわけですから、冷静に考えればたいした手間ではありません。ほんのちょっとの手間で手数料や金利がお得になり生活が便利になるならば、見直しをしてみない手はありません。

銀行選びのポイントは?

銀行口座は少なくとも2つ持つことをお勧めします。1つは普段の生活のために使うお金を入れておく口座、もう1つはお金を貯めるための口座。使うお金を入れておく口座は便利さ、つまりATM手数料の安さやATMが近くにあるかなどを基準に選びます。貯める口座は、当然、金利の高さで選びます。

勤務先で給与を二つの口座にわけて振り込んでもらえない場合は、給料日がきたらすぐに、貯めるお金を貯蓄用の口座に自分で移し変えましょう。「すぐに」がポイントです。「今日は忙しいからそのうちに」とのんびりしていると、いつの間にか使ってしまうかもしれません。また、「貯蓄用の口座は、給料日と定期預金などの手続きの時以外は触らない」を原則にし、普段はキャッシュカードを持ち歩かないほうが賢明です。

1つの口座で管理したい人は

あっちもこっちも口座を開くと、増えるカードの管理だけで混乱するから1行にしておきたいという人は、金利よりも便利さを優先しましょう。今日飲みに行くぞ!となった時に手数料がかかるATMを利用してしまうと、利息よりも多いコストがかかってしまいます。
口座の目的と優先ポイント

口座の目的と優先ポイント

ただ、キャッシュカードの紛失などに備え、やはり2つもつことをお勧めします。銀行の破たんの時に元本1000万円とその利息を超える額は、全額戻ってこない可能性がありますので、貯蓄が多い方は複数の口座を持つことを検討してください。もちろん、お得なものを調べたり使い分けたりすることが苦でない方は、いくつの銀行に口座を作ってもよいと思います。

次のページでは、定期預金の金利が高めな銀行を紹介します。