朝晩めっきり涼しく、秋らしくなってきました。体を動かすには、ちょうどいい陽気ですね。そのせいか、スポーツクラブのチラシをよく見かけるようになりました。ガイド平野は、日頃から運動不足気味。スポーツクラブのチラシがポストに入るたびに、パートナーから「運動しようよ!」と言われています。でも、会員になっても通う時間が取れないのではないかと躊躇して、そのままに……。ウォーキングなどは時々するようにしていますが、皆さんは何かスポーツをされていますか?

今回は「スポーツの秋」にちなんで、スポーツを中心とした健康維持やかかる費用、そしてDINKSの2人にどのような効果があるかなど、考えてみたいと思います。


【記事のインデックス】
運動不足率67.2%……1P目
いくらかけている?スポーツ費用……2P目
のんびり派vsスポーツジム派の将来をシミュレート……3P目
運動する、しないでこんなに違う!将来の家計……4P目


運動不足率67.2%!

運動不足のイメージ
最近、運動不足のせいか、ずいぶん体がなまってきたなぁ……
「体は資本」とよく言われますが、日経BP社によるアンケート調査「ビジネスパーソンの健康意識」で、興味深いデータが発表されています。

このアンケートで「日常生活で健康によくないと思いつつも、あなたが続けている生活習慣は」という質問に、67.2%の人が「運動不足」を挙げていました。一方、「健康増進・維持のために日頃心がけていること」については、以下のような結果でした。

第1位 規則正しく、かつ栄養バランスを考えた食事を摂る(46.2%)
第2位 ストレスを溜めない(39.3%)
第3位 定期的に運動をする(38%)
第4位 十分な睡眠を取る(35%) (複数回答)

ここでもやはり運動への意識が高いことが分かります。

では、運動不足解消には、どう対処しているのでしょうか? 次のグラフは「あなたが健康維持のために、定期的に行っている運度はありますか?」という質問に対する回答結果です。

<健康維持のために、定期的に行っている運動>
定期的な運動
※日経BP社によるアンケート調査「ビジネスパーソンの健康意識」より抜粋

なんと、第1位は「特に何も運動していない」なんですね! 次いで「ウォーキング/散歩」や「簡単な体操」、と手軽に出来るものが続きます。私と同じようなビジネスマンが多くてホッとしました。なんて、ここで安心していたら先に進みませんので、スポーツのためにどれくらいお金をかけているか見てみましょう。

他のみんなは、スポーツにいくらお金をかけている?