金時持ち
お金も時間も自由な「金時持ち」をめざそう!
皆さんは、収入と時間のどちらを優先させますか? 自分らしい幸せな人生をパートナーと送るためには、お金も時間も重要。自由に使えるお金と時間がある「金時持ち」になるためのお金と時間の使い方を紹介します。

【記事のインデックス】
自由なお金と時間、どちらを優先する?……1P目
可処分所得と可処分時間を「見える化」しよう……2P目
「金時持ち」になるお金と時間の増やし方……3P目

自由なお金と自由な時間、どちらを優先する?

■ワーク・ライフ&マネー・タイムバランス!?
働けば働いた分だけお金は得られるけれども、一日に使える時間は限られているので、その分自分の時間は減ってしまう……。お金を得ても、自由な時間がなければお金を有意義に使うことはできない……。自由な時間があっても、時間を有効に使うためには多少のお金は必要……。

共働きのワーク・ライフ&マネーバランス」の記事でも書きましたが、「働くこと」と「生活する(楽しむ)こと」は、お金との微妙なバランスで保たれているような気がします。また、限りある人生という時間を「働く」「生活する」のどちらにどれだけ配分するかという問題もあります。

■収入と時間、どちらを優先する?
皆さんは、収入と時間のどちらを優先させますか? 2009年6月に実施した、内閣府「国民生活に関する世論調査」によると、「収入と自由時間について、自由時間をもっと増やしたいと思うか、収入をもっと増やしたいと思うか」聞いたところ、以下のような結果になりました。

<収入と時間についての考え方>
収入と時間の考え方
※内閣府「国民生活に関する世論調査」(2009年6月実施)よりガイド平野泰嗣が作成

男女合計で見ると、「収入を増やしたい」と回答した人は、49.9%。「自由時間を増やしたい」と回答した人は32.6%でした。男女別で見ても「収入を増やしたい」「自由な時間を増やしたい」に大きな差はありませんが、「どちらともいえない」と回答した人の割合が女性に多く、男性よりも「収入」と「自由な時間」の優先度合いについて、迷いがあるのではないかと思われます。

2年前の調査(2007年7月)と比較すると、「自由な時間を増やしたい」と回答する人が約5ポイント減少し、その分、「収入を増やしたい」と回答する人が増加しました。昨年来の急激な景気の悪化が影響したのでしょう。

景気が良くなると仕事は忙しくなり、収入は増えるけれども、自由な時間はなくなります。不景気だと、仕事は減るので、収入が下がり、収入を増やしたいと思う人が増えるのでしょう。

■人生を謳歌するには「金時持ち」を目指す!
自分らしい幸せな人生をデザインし、実現するためは、お金と時間の両方が必要です。つまり、「金時持ち」になる必要があるのです。

「金時持ち」になるには、現状分析から始めよう!>>