「泥酔したあげく、カードを盗まれました」という会社員のSさんからのS.O.Sメールが届きました。実話、カードの盗難被害に遭うとこんな危険が待っている!万一の時の対策と、予防法もご紹介します。



被害総額360万円+α
二次被害の恐怖
その他の対策と予防




被害総額360万円+α

こうして盗まれた
 東京都内にお勤めのSさんは、仕事仲間と朝まで飲んで始発電車に乗りました。泥酔していたため最寄り駅を過ぎ終点まで行ってしまい、ハッ!と気づくとカバンと財布がありません。二日酔いのガンガンする頭を押さえ、最寄り駅まで引き返し交番に駆けつけて、事情を説明します。

 しかし、どこでいつ盗まれたのか全く覚えていないのです。電車に乗る前か、車内か、終点の駅か・・・。盗まれた事すら気づきませんでした。

盗まれたのは
 カバンと財布。カバンの中には、パソコン、家のカギ、会社のカギ、免許証やその他諸々が。財布には、現金、キャッシュカード、クレジットカードが入っていました。
 
すぐに銀行、カード会社に連絡したが・・・
 すでに、銀行の普通預金から140万円を引き落とされ、カードローンで99万円借りられ、キャシングで99万円借りられ、エアチケットまで購入されていました。被害総額はこの時点で360万円に上ります。

 ここまで読んで、なぜ犯人は預金を引き出せたりキャシングが出来たのか、勘のいい方はお分かりですね。そうです、暗証番号が生年月日だったため、免許証を見れば簡単に分かってしまったのです。そして、更にSさんの恐怖は続きます。