「ケチ」1位
携帯を取りだし、1円単位まで割り勘に!周りは引いています。

1位 1円(小額)単位で割り勘する


■「割り勘すると14円たらないけど・・・と言う人」(東京都/30代/女性)
■「おつりを1円単位で請求する人」(兵庫県/30代/女性)

堂々1位は、せこい割り勘でした!地域性があるのでは?と思いましたが、全国から怒りやあきれたご意見がたくさん届きました。年齢、性別に関係なく20代から70代までの方が、1円単位は「ケチ」でしょう!と苦笑しています。でも「ケチさん」はおかまいなし。「0.5円おごってあげるね!」なんて。やりくりを越えた、つき合い下手になる可能性大です。

「そんな人に限ってたくさん食べて金持ってる」(東京都/30代/男性)そういうものね。「大手商社に努めて2倍稼いでるのに1円まで割るなんて・・・結婚式のご祝儀も2万だった」(東京都/30代/女性)「年金生活者同士のパーティーで、支払いを100円台に切り上げるが、細かい事を言う人が多いのは不愉快である」(神奈川県/70代/男性)

いかがでしたか?「ケチ」ランキング10位中8つが、人と飲食を共にする場面になりました。つまり、お家の中でいくら節約ケチケチ生活をしていても、人は気にしません。ただ、人と一緒にいる時は同じケチぶりで場の雰囲気を壊すと、二度と誘われないかもしれません。

韓国では男性や年上、お金持ちが必ずおごります。割り勘は恥ずかしいとされています。イギリスのパブでビールを飲む時は、友人の分も一緒に買って、次はおごってくれて・・・が延々続きます。割り勘は、明瞭会計な日本の文化だと思いますが、1円や銭という単位まで割っちゃうのはどうでしょう。お財布の中身がピンチの時は、「今、ダイエット中」とか「さっき、肉まんとあんまんと餃子を食べたばかりなの・・・」なんて、みんなの雰囲気を壊さない上手ないい分けで、さりげなくかわしましょう!

■関連リンク
同じ収入なのに「リッチ度」に差が出る理由
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。