私のおこづかいはいくら?

まずおこづかいの前に、どの家庭でも貯金が出来ているかどうかが大切です。貯金がないのに、主婦のおこづかいがたっぷりという家庭は、一度家計の見直しを。

収入によって、貯蓄にまわせるお金は大きな開きがあります。貯蓄の目標を最低でも手取りの10%、余裕があれば20%、もっと頑張れる人は25%を目指しましょう。

■おこづかいの目安

30代前半のご家庭の、平均的な手取りはおよそ36万円。先の調査の結果を見ると、そのおよそ2%~5%が平均的な主婦のおこづかいという結果になりました。

おこづかいでお金を貯めよう

■おこづかいを決めたら
買い物をする度に使うお金を意識してみましょう。普段何気なく買っている、雑誌や本、スイーツ、雑貨なども意識しないで買うとあっという間におこづかいをオーバーしそうです。レシートを取って置いて週末に集計するだけでも充分お金の管理ができます。

■3%+成功報酬制で行こう!
まずは、手取りから10%を貯金。おこづかいは3%。やりくりをして来月に繰り越しが出れば、貯金を増やします。手取りの20%の貯金が出来るようになり、繰り越しが出来たら成功報酬として来月のおこづかいにプラスするのも楽しいでしょう。

■長続きのコツは?
1…収入とおこづかいのバランスを覚えること。正確に5%でなくてもいいので、貯金をして残ったお金を使い過ぎないようにするため、目安がどれくらいなのか覚えましょう。

2…使い過ぎたら、その週の他の支出または、翌週でカバーします。ボーナス払いで帳尻をあわせる癖をつけるとなかなか貯まりません。家族の協力も必要ですね。

3…目標とごほうびを決めましょう。毎月のお小遣いをやりくりしてバッグを買う!20%の貯金が出来るようになったら、おこづかいをしっかり増やして、お稽古事再開!頑張っているだけでは、大変です。目標が達成できたら必ず、「自分にごほうび」が長続きのコツです。

■関連リンク
フツーの家庭の外食費ってどれくらい?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。